お仕事実績ページへ
↑青空瑞希の今までのお仕事情報をまとめてご覧いただけます(サンプル画像あり)


  今

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

広告



毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集

イラスト素材販売中

写真素材 PIXTA

浴衣と傘と救急搬送

0

    梅雨になりました。

    折りたたみ傘がなかったので、日曜にステキな折りたたみ傘を探す旅に出かけました。

    数か月ぶりに仙台市中心部へ。新型コロナが県内で発生以降初の街中。久しぶり。

    アーケードを歩き、傘を扱っていそうなお店を片っ端から見て回りました。

    これが価格や軽さやデザイン、使いやすさからして一番だな。

    そう思える傘を見つけたのは、以前使っていた折り畳み傘を買った雑貨屋さんでした。

    晴雨兼用UVカットで1000円+税。

     

    が、さっそく購入…はせずに一応他のお店も見てみることにしました。

    ここを見たらお茶でも買おう。

    初売りの時に福袋を買ったお店で傘扱ってたりしないかな?と思いとあるデパートへ。

    そしてお目当てのフロアへ到着。

     

    あらまぁ、目の前にステキな和服屋さん。

    和モダン?大正ロマン?なんていうのかわからないけど、そんな感じのオシャレな振袖。

    吸い寄せられて、そこに置かれたパンフレットを手に取る。

    お店の人に声をかけられた。

    「振袖お探しでしたか?」

    「いえ、ただかわいな〜と思って」

    少し店内を見てみる。

    そしてめっちゃカワイイ好みの柄の浴衣を見つけてしまった。

    すごく気になる。

    猫とトランプの絵。淡い色の中に赤がアクセントになっていて、まるで不思議のアリスのような世界観。

    「合わせてみませんか?」

    お言葉に甘えて羽織らせてもらった。

    さらにそれに合う帯紐を見せてもらった。すごいカワイイ。

    着物へのイメージが変わっていく。こんなデザインのもあるんだ…!

    着物の話から、なぜかクラゲの話やアリスの話をしていたら、ベテラン店員さんも会話に加わった。

    そこからお店の方の上手なトークにつかまった。

    商売上手!

    私の求めるもの、好みを把握し、金額の不安にも共感し、コーデの提案、日常生活でこの浴衣を着て過ごすイメージをさせる匠なトーク。

    あーこれはあかん。押し切られてしまいそう…。

     

    結果、購入に踏み切りました。高かった。

    浴衣は機会あれば欲しいと思ってたのと、この柄以上に好みの柄は他には無いだろうという確信。

    着付けレッスンは何度でも無料という誘惑。

    着物とかのお話をもっと聞いてみたい、知りたいという好奇心。世界が広がりそうな予感。

    なにより給付金により今の私は財布の紐がゆるい。

    そうだ、地元の経済を回すのだ。

    そしてお高い浴衣はそのぶんたくさん着て、レッスンで情報を収集して、それで元を取ればいい。マンガのネタにもなるかもしれない。

    などと自分に言い聞かせて買っちゃいました。帯も一緒に。レースでかわいいの。

     

    かなりの時間が経過してしまい、のどはカラカラ。もう3時過ぎだ。お昼も食べていないどころか、かれこれ数時間水分をとっていない。ちょっと疲れたかも。

     

    烏龍茶を購入。タピオカでも買って休んでいこうかとも思ったけど、コロナの影響で座席数が少ないので休まず歩き続けた。

     

    さっきまで晴れていたのに、いつの間にか大粒の雨。

    さっさと傘を買わなければ。濡れてしまう。

    濡れないように迂回しながら、ほかの雑貨屋を見て、欲しいのがないとわかるとさっきのアーケード内の雑貨屋さんに戻った。

    さきほど買った浴衣に合いそうな、アリスっぽい雰囲気になりそうな傘を選んだ。

     

    もう夕方。ご飯を食べるのには微妙な時間だ。

    買おうと思っていた本を買って帰ろう。

    メイトの新刊売り場にはお目当てのものは置いていなかった。

    探そうとしたが、なんだか体の調子が悪い。ヤバイ予感がする。倒れる前兆を感じる。

    体が重く、めまいのようなふらつき。座って休みたい。

    だが近くにそんな場所は見当たらなかった。

     

    さっさと帰ろう。

     

    本は諦めて帰ることにした。

    地下鉄へ行くための階段のところで、足に力が入らなくなり、足がもつれかかる。

    なんとかもちこたえて、ベンチで座り電車を待ち、電車に乗った。

    やっと座れた…。

     

    しかし体調は回復しないどころか悪化していく。

    手が震えてきた。

    手足がしびれてる?

    これはマジでヤバイかもしれない。

     

    最寄り駅に着き、なんとか下車。

    しびれでうまく歩けない。

    ドアの目の前にベンチがあり、すがるような思いで座った。

    歩くのもままならない感じだ。まともに立っていられない。

    どうしよう。

    これから目の前にあるエレベーターに乗り、改札まで歩いて…。

    それだけの距離なのに歩ける気がしなかった。

    たぶん途中で倒れる。

    先ほど買ったお茶を全部飲み干した。

    ここにいても水分補給はできない。

     

    駅員呼び出しボタンがすぐ近くにあるのを確認した。

    あそこまでならなんとか歩けるだろう。

    ボタンを押し

    「具合悪くて倒れそうです」

    と伝えた。

    すぐに来てくれた。

    車いすに乗せられ、自分でカードを改札にかざした。

    「いま中に入れられないから、多目的トイレの中で休んでもらうね」

    コロナ感染予防のためってやつだろうか。

    自販機に連れてってもらい、ポカリを買い、多目的トイレの寝台?で横にならせてもらった。

    母に連絡し、迎えに来てもらうことになった。

     

    脱水だろうし、ポカリ飲んだからきっと良くなるはず…。

     

    ………。

     

    はぁ はぁ はぁ

     

    あれ?

     

    血の気が引く、手足がしびれる。呼吸が荒くなってきた。

     

    母が来たらしく、駅員さんが「開けてくださーい」と言っている。

    このトイレは「開」ボタンを中から押さなければいけない。

    台からはちょっと離れている。

    立ち上がり、よろめきながらボタンを押した。

    立っていられず壁にもたれかかる。

    介助してもらいつつ台へ戻る。

    駅員「どうしますか?」

    母「顔色悪い…。はぁはぁいってるし」

    駅員「救急車呼びますか?」

    母「はい…」

     

    はーっ!はーっ!と激しく呼吸をしながら救急車の到着を待った。

    ゆっくり呼吸をしたほうがいいのだろうなと思い、ゆっくりしようとした結果、激しい深呼吸みたいになっていた。

     

    救急隊員の方たちが来た。

    「血流悪そうだねー」「手冷たい」「息苦しいですかー?」

    などと言われたり、いろいろ聞かれたりしました。

    聞かれる内容は、「脱水で救急車に運ばれた話」に書いたのと大体同じなので省略。

     

    担架に乗せられて救急車の中へ。

    血中酸素飽和濃度や血圧、体温、心電図を図られてました。

    血中酸素っぽいのは96、体温は平熱でした。

    ここでもいろいろ質問に答えたり、保険証と診察券とおくすり手帳を渡したりしてました。

    私は渡せる状態でないので、私のバッグを持って付き添っている母が代わりに。

    こんなこともあろうかと、おくすり手帳とか持ち歩いておいてよかった。

    救急車の中では、既往歴やアレルギー、飲んでるおくすりを聞かれます。

    そしてどこの病院に連れていくか決めます。かかりつけ病院があるとスムーズかもしれない。

    診察券の番号を病院に伝えているのが聞こえたので。

     

    さて何度目だろうか、救急の入り口。

    4年前は男性のお医者さんだったけど、今日は女性オンリー。

    「もう病院ついたからね、安心していいですよー」

    とやさしく声をかけてくれる。

    心電図に血中酸素に採血に点滴に、以前と同じ流れなので落ち着いていられました。

    「手冷たい」「血管見えないねー」「手グーパーして」「見えないかー」「セイチュウセンで採ろう」

    セイチュウセン…正中線であってるのかわからないけど、ひじの内側で採られました。

    あと動脈血の採血もやりました。

    あー!あれね!パンツごとおろされたあの!痛いやつ!(※脱水後編参照)

    痛いのを覚悟しましたが、一瞬痛いだけで、思ったほど痛くはなく終わりました。先生お上手です。

    首に針に比べれば恐怖感もなく、パンツもおろされず済んでよかったです。

    この動脈血の検査は、通常の採血よりも結果が早く出るんだそう。

     

    結果が出るまで点滴入れつつ回復室でお休み。

    点滴半分終わったところで尿意が発生。

    そういえば、12時過ぎにトイレに行ったきり、一度も行ってなかった。

    もう19時を回っているというのに。

    ナースコールをして、車いすでトイレに移動し、用を足す。

    ちょろり、ちょろり、と途絶え途絶えで全く勢いがなかった。

     

    検査の結果は、炎症反応や貧血はなし。

    電解質の異常(ナトリウム・カリウムの減少)がみられる。

    過換気症候群の数値が出ている。

    とのことでした。

     

    熱中症になるような気温ではなかったけど、脱水ですね、

    水分こまめにとってね、ということでした。

     

    点滴終わったら帰っていいよ、ということでした。

    点滴終わってからも、手足のだるさは続いていました。

    しびれの残りカスのような、ビリビリするようなだるさ。

    まだあまり手足に力が入らなかった。

     

    夜間なので、とりあえず7000円支払って後日清算となった。

    今月中に病院に清算に行かねばならない。面倒だ…。

     

    というのが昨日の出来事です。

    昨日の夜遅くから今も微熱が続いています。

    37.5未満なので、流行りのあの病気関係ではないとは思います。

    点滴したといってもまだ体は脱水傾向にあるので、体温調節うまくいってないのかも。

    塩舐めたら、ほどよい塩味のザリザリした物体って感じで、塩辛さを感じませんでした。

    お粥に塩たくさんかけて食べました。食べてるうちに塩辛さを感じられるように。

     

    朝、体組成計に乗ったら、体重・体脂肪・骨格筋率・内臓脂肪・代謝という項目の数値がガクッと落ちてました。

    これは誤差の範囲を超えている。いくらたくさん歩いたといっても、筋肉までガタ落ちはおかしい。

    これが脱水というものなのか…?体重が2%ぐらい落ちてた。点滴前だったらもっと落ちていたのだろう。

    明日の数値がどうなってるのか楽しみです。

     

     

    以上、最後までお読みくださりありがとうございました。

    微熱中につき、文章がおかしいところや誤字脱字があるかもしれません。

    どうか脳内で補正してお読みくだされば幸いです。

     

    みなさまも水分&電解質不足にはお気をつけてね。

    そんなに暑くなくても、そんなに汗をかかなくとも、じわじわとそいつはやってきます。

     

    ではでは私はもうしばらく自宅療養します。

    布団の上からお届けしました。

     

    JUGEMテーマ:日記・一般


    検査の結果とコロナ対策

    0

      近所の施設で新型コロナ感染者が出ました。

      最寄り駅付近ではクラスターも発生。

      まだ発見されていないだけで、近所にけっこういるのかもしれないし、知らないうちに自分も感染しているかもしれない。

      今後の展開が気になって、ついついTwitterやニュースをチェックしてしまいます。

      おかげで仕事の進みがゆっくりです。

       

      そんな不安な世の中ですが、穿刺吸引細胞診の結果を聞きに病院に行ってきました。

       

      入口から入ると、係の人が手に消毒ジェルをプッシュしてくれました。

      先週はセルフでした。全員必ず消毒させるための対策でしょうね。

      続いて検温ですが、前回はおでこだったのが今回は首で検温でした。

      2週間以内の渡航歴・発熱の有無のほかに、2週間以内の風邪の症状も聞かれました。

       

      そうして耳鼻科の受付へ。

      10時前だというのに、ガラッガラです。人…少なすぎ。

      先週も少なかったけど、午後診療だから空いてたのかな?と思ってましたが。

      午前中でこのがら空きっぷりは、やはり不急の外出自粛の効果なんでしょうか。

       

      待合室のテレビで、大便の形とサイズをチェックしてくれるAIのトイレが紹介されており、思わず見入ってしまった。

      色は?色を検出する技術はまだないの?と心の中で突っ込みつつ。

      開発するにあたり、専用のトイレを用意し、社員に使ってもらい便の画像をたくさん撮ったという話が面白かった。

       

      そして診察室。

      先生の装備が増え、防御力がアップしていました。

      マスクは当然ながら、手術用の帽子をかぶり、透明なカバーを前掛けのように。

      甲状腺を触診するときは手袋を装着していました。去年はしていなかったはず。

       

      検査の結果ですが、悪いものはなかったそうです。よかった…。

      今すぐ治療するといったことはなく、経過観察を続けることになりました。次は夏。エコー。

      そのころには落ち着いているといいですね。

       

      ついでに鼻も診てもらったんですが、右が相変わらず腫れてるらしい。典型的なアレルギー性鼻炎の鼻らしい。

      「右の鼻詰まるでしょ」

      「詰まりますね」

      そんな会話をした。

      これでもだいぶ楽になった感あるんですけどね(以前は鼻呼吸が満足にできなかった。ヒドイときは両鼻完全に詰まってた)

      アレルギーじゃない人はどんだけ呼吸が楽なのだろうか。

      そんなわけで鼻炎のお薬は継続。

       

       

      帰りに寄ったお店、レジにビニールカーテンがひかれたり、パンに蓋がされてたり、接触を避けるためにお金のやり取りはトレーを使ったり、と色々な対策が進んでおりました。

      駅ビルにあったテーブルとイスも消えてました。一休みしたくても休む場所がない…!

       

      お気に入りのパン屋さんに久々に立ち寄り、ちょっと高いけどおいしいパンを買って帰りました。

      ここは普通にパン露出してありました。

      ただし店内に入る人数に制限ありで、テイクアウトオンリーになってました。

      美味しそうなパンは見てるだけでテンション上がります。あれもこれも食べてみたくて迷う。幸せな気持ちになれる。パン屋さん好き。

      ちなみに昨日もパン屋行ってる(別なお店だけど)


      1年ぶりの穿刺吸引細胞診

      0

        今日は検査の日。

        病院向かう途中で満開の桜を見ました。

        桜

         

        平日の昼時だからなのか、外出自粛要請の効果なのか、人はあまり見かけません。

         

        病院に着くと、先週とは様子が違っておりました。

        裏口が封鎖されているのは先週と同じ。

        だけど正面玄関に回ってみると、誘導するために人が立っている。

        完全に一方通行になるよう、入口と出口が分けられていました。

        入口から入ると、そこには消毒用アルコールボトルが数本。

        ここで手をしっかりと消毒するわけですね。

        さらに進み、病院内に入ると、今度は検温が待ち受けていました。

        おでこにかざして測るタイプです。

        触らず早く測れるとはすばらしい。

        ここで2週間以内に発熱があったかどうかも聞かれました。

        そしていつも通りの受付へ。

         

        時間帯もあってか、病院内はガラガラ。

        売店にはN95と除菌スプレー(ハンド用ではない)がおひとり様1個までで売ってました。

        母が軽い風邪をひいている(熱はない&現在回復傾向)ので、飲み物買うついでに念のため購入。

        使い捨て用マスクを洗って3日以上使いまわした結果の風邪である。

        ちなみに我が家にはアルコール消毒液はありません。

        念入りに手洗いしてます。

         

        話を戻します。

        検査のために超音波室へ。

        待ってる間、めちゃくちゃ緊張するので待合室をスケッチした。

        本も持ってきてたけど、たぶん内容頭に入らない。

         

        空いていたので予定より早く検査に入れました。

        エコーの先生が言うには、去年の12月と比べて変わらない(腫瘤の大きさが)そうな。

        担当医が言うには、1年前よりは大きくなっているから念のため細胞診ましょう、だそうだ。

         

        あおむけになりながら、エコーの画像をジーっと見ていると、腫瘤のサイズを測っているのが見えた。

        直径20ミリくらい?去年取った悪性腫瘍は10ミリ無いくらいだったから、それより大きい?

        研修医っぽい人が来て、担当医が針を刺すときのコツを解説していた。私の首で。

        私は今、未来のお医者さんを育てる材料になっているんだなー。

        それはいいけど、練習台にはあまりなりたくないなぁ…と不安に思っていたら「刺しますよー。」

        チク…グググ…チク(針が刺さり、深く刺さっていく)

        「おつかれさまでした。終わりましたよ」

        去年やったときはなかなかうまく刺さらなかったので「早っ!」と思いました。

        去年のより腫瘤のサイズが大きいから刺しやすかったのかな…?

        1回刺しただけで、それほど痛まず終わってよかったです。えぇ、ほんとに(去年4回刺されて数日痛かった※)

        「乳がん検診で甲状腺乳頭がんが見つかった話1ー発見ー」参照 

         (安心してイベントができる世の中に戻ったら、コミケ等で再頒布する予定。そのうち電子版も作るかもー)

         

        検査の結果は来週出る、ということでまた来週。

        異常ないと良いのですが。


        桜と着物と外出自粛

        0

          仙台でも桜が咲き始めました。

          桜

           

          暖かくなったら、時間あるときに着物を着よう。

          と思っていたので、頑張って一人で着物を着てみました。

          襟がうまく固定できず胸元が開きすぎたり、おはしょりがぐしゃぐしゃだったりと、あちこち失敗しましたがなんとか着れました。調べたり、やり直したりで2時間ぐらいかかりました。

          失敗した部分はストールと羽織で隠してごまかして、散歩に出かけました。

           

          着物を着て、桜をちょっと眺め、好きな作家さんと立ち話したりして、昨日落ち込んだ気分はすっかり回復。

           

          そんなことをしていたら、「不要不急の外出を控えるように」と宮城県知事や仙台市長からの発表がありました。

          土日はあらゆる不要不急の商業施設が休業となるようです。

          明日からまた引きこもり生活になりそうです。

           

          積み本も、積みゲーも、積みアニメもたくさんあるので、退屈とは無縁です。おうちで一人で遊ぶのは大得意です。

          仕事終わったらやろうと思ってたこと(自室でできること)も色々あるので、暇なようで暇ではなかったり。

          ただこんな状況下でも集中できるのかな〜?

          できることからコツコツと消化していこうと思います。

           

          私の仕事は自宅で行っており、仕事のやり取りは基本メールのみなので、外出を控えても仕事の進行には影響ありません。

          なので通常通りお仕事は随時募集中でございます。

          (コロナ、その他の疾患で私自身がダウンしなければ)

           

          JUGEMテーマ:日記・一般


          【術後1年】造影剤CT【甲状腺乳頭癌】

          0

            甲状腺乳頭癌の手術を受けてから、約1年が経ちました。

            というわけで術後1年の経過観察で、造影剤CT検査というものを受けてきました。

            新型コロナの影響で、病院の入り口が正面玄関のみになっていました。

            入院患者との面会も原則禁止になっている様子。

             

            造影剤使うのは初めてで副作用が不安でしたが、なんとか無事に終わりました。

             

            処置をする際に、「採血で具合悪くなる」旨を伝えたところ、「検査台の上で寝てやりましょう」ということに。

            最初に金属類を外すためにお着替え、荷物と一緒に検査室に入り、眼鏡とマスクを外し、台の上に横になります。

            そしてアルコールアレルギーがないかの確認のあと、針をチクリ。

            「具合悪くないですか?大丈夫ですか?」

            「はい」

            「声聞こえるので大丈夫ですからね。そのまま動かないでくださいね〜」

            寝台が動き、丸くて短い筒の中に頭部が吸い込まれる。

            丸い筒にある黒い帯の中で、なにかが高速で回転している。グォングォンと音を立てながら。

            『息を 吸ってください』『止めてください』機械音声の指示通りに呼吸を止める。

            「ではこれから造影剤入れていきますね〜」

            まだ入ってなかったんか!!!

            緊張で血の気が引く。

            私、たぶん今、血圧下がってる。

            「造影剤入れると体がポカポカしてきますが、心配ないですよ」

            「入れますよ〜。腕痛くないですか?」

            「大丈夫です」

            今日は寒いのにコートを着ずに来てしまったので体が冷えていた。

            冷えもあって緊張で体はこわばっていた。

            でも、造影剤が入ったことで、やや体が温まり、緊張感がやわらいだ。

            そしてまたグォングォンするリングの中に吸い込まれる。

            『息を 吸ってください』『止めてください』機械音声の指示通りに呼吸を止める。

            「針抜くときは大丈夫ですか?座ってやる?寝てやる?」

            「…どっちでも」

            「…心配だから寝てやろうか」

            ということで、そのまま寝てる状態で外してもらうことに。

            緊張したけど無事に終了。

            大体こんな感じの流れでした。

             

            ちなみにCT検査は、去年手術前に頸部の血管を見るために受けたことがあります。そのときは造影剤なしだったので楽でした。

             

            その後耳鼻科外来へ移動して診察。

            初めて見る若くて元気そうな医師。新米かしら…。

             

            CTの画像がモニターに表示されている。

            「去年甲状腺の手術を受けたということで、経過観察で今日CT撮ってもらったわけなんですが…」

            「はい」

            「右からの転移とかは見られませんでした。…が、」

            「左側の腫瘤、去年のより少し大きくなっています」

            「え」

            右に去年の画像、左に今日の画像と並べてあるが、素人目にはよくわからない。丸いのが腫瘤なのだろうか。

            「心配なので念のため生検やりましょう。去年もやりましたよね。エコー見ながら針刺して…」

            「あ…はい」

            穿刺吸引細胞診、あれか!首に針刺すやつ!えっまたやるの…!?Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

            「左は去年やってないんですもんね」

            「そう…ですね。エコーのみですね」

            「今日の14時からなら空いてますが、どうします?やっていきますか?」

            「いや…今からだとけっこう待ちますよね(今10時)」

            「外で時間つぶしててもいいですよ」

            「いや…次回で」さっき針刺してまた刺すの嫌だぁぁぁ。しかもこのへん時間潰せる場所少ないし、暇つぶしの本も持ってきてないし。

            「じゃあ来週で」

             

            そんな感じで来週穿刺吸引細胞診受けます。

            穿刺吸引細胞診については、去年同人誌で体験レポマンガ描きました。

            ↓サンプル

            乳がん検診で甲状腺乳頭がんが見つかった話1ー発見ー

             

            1回では十分な量が採れず再検査となることも多いこの検査、果たして今年はどうなる?

            っていうかまた癌だったら手術?甲状腺全摘?そしたら一生薬を飲み続ける体に?

            去年の右側の癌と関係ないとすると、乳頭癌とは限らないわけで、もしも危険度の高い癌だったら?

            そして最近のコロナの拡散っぷり。こんなときに抵抗力が落ちる手術をしたくはないなぁ…。

            また痛い思いするの嫌だなぁ…。お金もかかるなぁ…。はぁぁぁ(´Д`)気が重い。

             

            【追記】

            アレルギー性鼻炎が悪化したので、鼻づまりの飲み薬が追加されました。

            去年から利用していた調剤薬局、いつもお茶のサービスをしてくれるんだけど、コロナの影響なのか今日はもらえなかった。

             

            JUGEMテーマ:日記・一般


            手術から半年、頸部エコー

            0

              4月22日の甲状腺乳頭がんの手術から半年以上が過ぎ、手術後初のエコー検査の日がやってきました。

              手術したばかりの頃は、軽く触れるだけでも激痛が走った首も、今では平気です。

              まだ多少の違和感と、ミミズ腫れは残っていますが。

               

              緊張も痛みもなく、エコー検査が終わりました。

              左の甲状腺にある「良性のしこり」のサイズに変化もなく、がんが再発している様子もなく、とりあえず問題ありませんでした。

               

              次の検査は4月。CTだそうな。造影剤を入れる都合で、腎機能の検査をすることに。

              ついでに甲状腺の数値もみる…とのことで帰る前に採血してってね、と。

              採血Σ( ̄ロ ̄lll)

              ちなみに今日は2時間寝たか寝てないかぐらいの睡眠時間。

              そんなときに採血とか倒れそう。考えただけで血の気が引く。

              ああ緊張する!エコーは全然緊張しなかったのに!

              倒れる予感しかしないので、あらかじめ横になって採ってもらいました。

              具合悪くなりませんでした。よかった。

               

              手術してから2キロくらい体重が増え、体脂肪率も2%増え、明らかに太ったので、

              甲状腺と何か関係あるのかきいてみました。

              「誤差の範囲。がんで体重落ちてたのが、とったからその分増えたと考えて。」

              というような感じでした。

               

              甲状腺機能が低下してるかどうかは、採血の結果次第。

              異常があれば連絡がくるらしい。

               

              お会計後、寝不足と採血のコンボのせいで疲労感。

              病院の売店で買った1日分の鉄分入りのジュースとハム玉クリームチーズサンドイッチを食べて休んでいきました。

              とても具がみっちりのサンドイッチでした。ボリュームたっぷりで完食できず。

               

              その後薬局で薬をもらい、街中へ行き、お買い物。

              ホラーマンガ3冊とハンドメイドの帯留めを買いました。

               

              肩やら足腰やら背筋やらが痛くて疲れました。明日はきっと筋肉痛。

              今夜は早く眠れそうな気がします(いつもは朝まで眠れない)

               

              JUGEMテーマ:日記・一般


              あれから半年と近況

              0

                気が付けば甲状腺の手術から半年経ってました。

                痛みはほぼ無くなりました。

                空気の乾燥のせいか、たまにピリピリとひきつる感じがあったり、かゆかったりする日もありますが。

                傷跡だいぶ目立たなくなり、首を隠さずに外に出ることも多いです。

                まだちょっとミミズ腫れみたいになってるけど。

                 

                そんな感じで今では元気です。

                 

                が、今度は右肩が痛くなってしまいました。

                慢性的な肩こりとはまたちょっと違う痛み方。

                症状を調べてみると、どうやら四十肩みたい…(三十代だけど)

                着替えたり、寝返りしたり、腕を上げたりする動きで痛むのです。

                ひどい時だと寝返りできないし、起き上がれない。

                今は痛みが我慢できる程度に落ち着いたので、なんとかなってます。

                このまま落ち着いてくれるといいんだけど…。

                 

                 

                ここ数日、3Dに夢中になってます。

                フリーの3DソフトblenderをPCに入れまして、勉強中です。

                作ったものを、Twinmotionというソフトで読み込んで遊んだりしてます。

                11月から有料になるそうで、今なら無料です。

                簡単にキレイな3D映像・画像が作れます。すごい。

                 

                ドア

                ドアだけ私が作ったもの↑

                あとは用意されたものを配置するだけ。

                配置のセンスは問われますが、簡単にこんなの作れちゃう↑

                 

                車輪

                パンジャンドラムというものらしい。

                YouTubeの動画を参考にしながら作りました。

                 

                こどもの泉

                ↑泉中央駅のペデストリアンデッキにある「こどもの泉」というオブジェ?をマネしてつくってみた。

                 

                3D使いこなして、マンガの背景作りに活かしたいです。

                 

                JUGEMテーマ:日記・一般


                アレルギー検査とふとんクリーナー

                0

                  先月、病院でアレルギーの検査をしました。

                  子供のころ、皮膚の表面を引っ掻いて薬液をたらすタイプの検査はしたことがあったのですが、もう一度ちゃんと調べてみるのもいいかもと、血液調べてもらいました。

                   

                  その結果を先週もらいました。

                  ダニ、ハウスダスト、スギが陽性でした。

                  ダニとハウスダストが突出しています。

                  アレルギー検査

                  雑草系の花粉やキウイでもアレルギー症状は出ているのですが、この血液検査では陰性。

                  なんか納得いかない…。

                   

                  そんなわけで、私は通年性のアレルギーで、花粉よりもダニとハウスダストをどうにかすべきだとハッキリしました。

                   

                  そしてふとんクリーナーを買いました。

                   

                  昨日届き、今朝早速使いました!

                  ランプが点灯して、ハウスダストが多いかどうかお知らせしてくれるんです。

                   

                  緑…きれい

                  オレンジ…ハウスダストがそれなりにある

                  赤…ハウスダストやばい

                   

                  ランプの色が変わるのがおもしろくて、1時間くらい夢中で掃除機かけてて手がしびれました。

                  これなら楽しくお掃除続けられそうです。

                  紙パックの掃除機と違って、お手入れは面倒そうですが、掃除機かけてる最中に風で埃が舞わないのが良いですね。

                  JUGEMテーマ:日記・一般


                  メニエールその後と乳頭癌手術痕

                  0

                    イソソルビドという薬がマズすぎて気持ち悪くなるので、水で薄めて飲んでました。

                     

                    メニエールと診断され、クソ不味い薬を1ヶ月飲み続けた結果。

                    症状が改善しました。

                    薬を飲み始めてから10日間は、耳の異常だけでなく、気持ち悪さや食欲不振、血の気が引いてクラクラする感じがあり、ほぼ毎日寝ているような状態でした。

                    7月に入ってからは、耳鳴りや耳閉感、不快な聴覚過敏がなくなりました。

                    軽い耳鳴りは時々あったかも?

                     

                    先日病院で、耳の検査をしてもらい、難聴の方も改善していることがわかりました。

                    多少の聴こえづらさはあるようですが、正常の範囲内でのことで、薬やめても大丈夫だろうということに。

                     

                    よかったー!

                    もうあのマズイ薬飲まずに済むー!!

                     

                     

                    そして今日で甲状腺乳頭癌の手術から3ヶ月になりました。

                    痛みや違和感はほとんど気にならなくなりました。

                    顔を上げ過ぎたり、すごい重い物を持ち上げたり、肩こりがひどかったり、天気が悪かったりすると痛みが出ますが。

                    痛みを感じる頻度はだいぶ減りました。

                    先月は筋トレすると痛かったんですが、今は平気です。

                     

                    傷の見た目もだいぶキレイになってきました。

                    糸のあとはだいぶ薄くなり、赤みが薄れ、腫れもひいて首筋のラインが見えるように。

                     

                    以下首の傷跡写真注意↓

                     

                    JUGEMテーマ:日記・一般


                    メニエールとこざ絵文字

                    0

                      今月入ってから、心身ともに不調です。

                      些細なことで傷ついて、引きずって、落ち込んでしまう。

                      これじゃあ昔の私と同じだ。

                       

                      不調でもできることを…と、2月頃から密かに計画していた絵文字を作りました。

                       

                      コザクラインコのこざちゃん絵文字

                      こざちゃん絵文字

                      実際に使用したスクショの切り抜き↑

                      以前LINEスタンプ作ったこざちゃんの絵文字です。

                       

                      なかなか可愛く使いやすい絵文字になったと思うので、鳥さん好きは是非使ってみてください!

                       

                      ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

                       

                      こっからは病気の話。

                      2ヶ月前に甲状腺がんの手術で入院してたのに、また病気かよ!ってゲンナリです。医療費…。

                       

                      2週間前に急に耳がおかしくなりました。

                      起きたら、耳が詰まってるような感じと耳鳴り?

                      テレビの音、低い声、車の音、ふすまを閉める音、水の流れる音など、

                      低めの音が不快に響きます。音の輪郭がぼやけているような感じ。

                      でも聞こえてはいる。小さい音も聞き取れる。

                      ただただ低い音がうるさくて不快。

                       

                      翌日の昼には治り、その後ライブに行ったときも平気でした。

                       

                      その1週間後、症状が再発。その日のうちに治る。

                       

                      そして昨日、再発。

                      ネットで調べ、「急性低音障害型感音難聴」というものにたどり着く。

                      症状も原因も、心当たりがありすぎる。

                       

                      翌朝の今日、病院へ。

                      純音聴力検査、耳音響放射検査なる聴力検査を受けました。

                      イヤホンでピーピー音を聴くだけ。

                      ヘッドホンを装着して、ピーピー聞こえたらボタンを押す。

                      片耳だけヘッドホンで雑音流して、もう片方は骨伝導でピーピー聞こえたらボタンを押す。

                      というような検査でした。

                       

                      結果、低い音が聞こえづらかったです。つまり難聴。

                       

                      お医者さんが言うには、最近増えているメニエールだろうと。年齢的にも。

                       

                      特に説明はされなかったけど、自分で調べた感じ「蝸牛型メニエール病」だろうなと。

                      めまいの症状は今のところ出ていないので。

                       

                      そんなわけで、メニエールのお薬を1ヶ月分もらいました。

                      ついでに持病のアレルギー性鼻炎のお薬も。

                       

                      どーん!!

                       

                      イソソルビドという液状のお薬が重すぎてビックリだよ。

                      箱で薬もらうならんて初めてだよ。

                      そしてマズすぎてビックリだよ。

                       

                      これを毎食後、1日3回も飲まなきゃならないなんて…苦行だ。

                      病気が進行してめまいの症状出たら嫌なのでがんばる…。

                       

                      JUGEMテーマ:日記・一般


                      | 1/7PAGES | >>