お仕事実績ページへ
↑青空瑞希の今までのお仕事情報をまとめてご覧いただけます(サンプル画像あり)


  今

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

広告

タカラトミーモール5周年記念!ポイント30倍キャンペーン

ワコム Windows搭載液晶ペンタブレット Cintiq Companion2


毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集

イラスト素材販売中

写真素材 PIXTA

アレルギー検査とふとんクリーナー

0

    先月、病院でアレルギーの検査をしました。

    子供のころ、皮膚の表面を引っ掻いて薬液をたらすタイプの検査はしたことがあったのですが、もう一度ちゃんと調べてみるのもいいかもと、血液調べてもらいました。

     

    その結果を先週もらいました。

    ダニ、ハウスダスト、スギが陽性でした。

    ダニとハウスダストが突出しています。

    アレルギー検査

    雑草系の花粉やキウイでもアレルギー症状は出ているのですが、この血液検査では陰性。

    なんか納得いかない…。

     

    そんなわけで、私は通年性のアレルギーで、花粉よりもダニとハウスダストをどうにかすべきだとハッキリしました。

     

    そしてふとんクリーナーを買いました。

     

    昨日届き、今朝早速使いました!

    ランプが点灯して、ハウスダストが多いかどうかお知らせしてくれるんです。

     

    緑…きれい

    オレンジ…ハウスダストがそれなりにある

    赤…ハウスダストやばい

     

    ランプの色が変わるのがおもしろくて、1時間くらい夢中で掃除機かけてて手がしびれました。

    これなら楽しくお掃除続けられそうです。

    紙パックの掃除機と違って、お手入れは面倒そうですが、掃除機かけてる最中に風で埃が舞わないのが良いですね。

    JUGEMテーマ:日記・一般


    メニエールその後と乳頭癌手術痕

    0

      イソソルビドという薬がマズすぎて気持ち悪くなるので、水で薄めて飲んでました。

       

      メニエールと診断され、クソ不味い薬を1ヶ月飲み続けた結果。

      症状が改善しました。

      薬を飲み始めてから10日間は、耳の異常だけでなく、気持ち悪さや食欲不振、血の気が引いてクラクラする感じがあり、ほぼ毎日寝ているような状態でした。

      7月に入ってからは、耳鳴りや耳閉感、不快な聴覚過敏がなくなりました。

      軽い耳鳴りは時々あったかも?

       

      先日病院で、耳の検査をしてもらい、難聴の方も改善していることがわかりました。

      多少の聴こえづらさはあるようですが、正常の範囲内でのことで、薬やめても大丈夫だろうということに。

       

      よかったー!

      もうあのマズイ薬飲まずに済むー!!

       

       

      そして今日で甲状腺乳頭癌の手術から3ヶ月になりました。

      痛みや違和感はほとんど気にならなくなりました。

      顔を上げ過ぎたり、すごい重い物を持ち上げたり、肩こりがひどかったり、天気が悪かったりすると痛みが出ますが。

      痛みを感じる頻度はだいぶ減りました。

      先月は筋トレすると痛かったんですが、今は平気です。

       

      傷の見た目もだいぶキレイになってきました。

      糸のあとはだいぶ薄くなり、赤みが薄れ、腫れもひいて首筋のラインが見えるように。

       

      以下首の傷跡写真注意↓

       

      JUGEMテーマ:日記・一般


      メニエールとこざ絵文字

      0

        今月入ってから、心身ともに不調です。

        些細なことで傷ついて、引きずって、落ち込んでしまう。

        これじゃあ昔の私と同じだ。

         

        不調でもできることを…と、2月頃から密かに計画していた絵文字を作りました。

         

        コザクラインコのこざちゃん絵文字

        こざちゃん絵文字

        実際に使用したスクショの切り抜き↑

        以前LINEスタンプ作ったこざちゃんの絵文字です。

         

        なかなか可愛く使いやすい絵文字になったと思うので、鳥さん好きは是非使ってみてください!

         

        ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

         

        こっからは病気の話。

        2ヶ月前に甲状腺がんの手術で入院してたのに、また病気かよ!ってゲンナリです。医療費…。

         

        2週間前に急に耳がおかしくなりました。

        起きたら、耳が詰まってるような感じと耳鳴り?

        テレビの音、低い声、車の音、ふすまを閉める音、水の流れる音など、

        低めの音が不快に響きます。音の輪郭がぼやけているような感じ。

        でも聞こえてはいる。小さい音も聞き取れる。

        ただただ低い音がうるさくて不快。

         

        翌日の昼には治り、その後ライブに行ったときも平気でした。

         

        その1週間後、症状が再発。その日のうちに治る。

         

        そして昨日、再発。

        ネットで調べ、「急性低音障害型感音難聴」というものにたどり着く。

        症状も原因も、心当たりがありすぎる。

         

        翌朝の今日、病院へ。

        純音聴力検査、耳音響放射検査なる聴力検査を受けました。

        イヤホンでピーピー音を聴くだけ。

        ヘッドホンを装着して、ピーピー聞こえたらボタンを押す。

        片耳だけヘッドホンで雑音流して、もう片方は骨伝導でピーピー聞こえたらボタンを押す。

        というような検査でした。

         

        結果、低い音が聞こえづらかったです。つまり難聴。

         

        お医者さんが言うには、最近増えているメニエールだろうと。年齢的にも。

         

        特に説明はされなかったけど、自分で調べた感じ「蝸牛型メニエール病」だろうなと。

        めまいの症状は今のところ出ていないので。

         

        そんなわけで、メニエールのお薬を1ヶ月分もらいました。

        ついでに持病のアレルギー性鼻炎のお薬も。

         

        どーん!!

         

        イソソルビドという液状のお薬が重すぎてビックリだよ。

        箱で薬もらうならんて初めてだよ。

        そしてマズすぎてビックリだよ。

         

        これを毎食後、1日3回も飲まなきゃならないなんて…苦行だ。

        病気が進行してめまいの症状出たら嫌なのでがんばる…。

         

        JUGEMテーマ:日記・一般


        甲状腺乳頭癌の手術から1ヶ月

        0

          甲状腺乳頭癌の手術から1ヶ月が経ちました。

           

          飲み込む時の痛みはほとんどありません(上の方を向いてるとちょっと痛いかな…)

          飲み込む時の違和感はまだ続いています。

          それでも下を向いて飲めばほぼ違和感はないし、水をごくごく一気飲みできるようになりました。のどの違和感強いけど。

          うがいをするのも普通にできるようになりました。

          やや引っ張られる感は残ってるけど。

          なんとなく食べ物が喉に詰まりやすい感じがします。

          汁物飲みながらでないと、食道をうまく流れていかないような…。

           

          痛みはほぼ無くなったものの、飲食するたびに、首に傷があることを思い知らされます。

           

          長時間デスクワークをしていると、急に傷がピリピリと痛むことがよくあります。

          傷というか、傷の上とか横とかも。内部はまだ治っていないんだろうなぁ。

          左の甲状腺のあたり?が痛んだりします。

          肩こりで痛みが出やすいとかあるんだろうか。

          入院中の痛みに比べたら、全然たいした痛みではないのですが、痛み始めるとやはり気になってしまいます。

          いつまで痛み続くんじゃーい!!!!ヽ(`Д´)ノと。

           

          気になってた声枯れも良くなりました。

          長時間おしゃべりしちゃうと、突然声が出にくくなったりするけど。

          普通に生活してる分には問題ないです。しゃべるお仕事じゃないので。

           

          見た目的には、だいぶ痛々しさはとれてきたかなぁと。

          それでも、見慣れてない人が見ると痛々しいのかな。

          かさぶたは、もうちょっとで全部とれそう。

           

          親友がネックカバーを贈ってくれたので、お出かけする時に傷隠しに使っています。かわいい。

           

          ネックカバー

           

          1ヶ月ということで、手術の傷の変化の写真を載せてみようかと思います。

           

          最初の頃の傷はだいぶ痛々しいので、

          グロいのか痛いのとか苦手な方は絶対に見ないでください

           

          大丈夫だよ。って方だけ、どうぞお進みください。

           

           

          JUGEMテーマ:日記・一般


          退院しました

          0

            先月19日に入院しまして、22日に甲状腺の右側を切除する手術を受けました。

            手術から10日以上経ち、首の痛みもだいぶ落ち着きました。

            まだ時々傷がうずいたり、痛んだり、引っぱられる感じや圧迫感、腫れが残っています。

            見た目はフランケンシュタインのよう。糸のあとが赤く、かさぶたになっています。

            赤みやかさぶたが取れればもうちょっと目立たなくなるのかな?

            私の気管が狭くて人工呼吸の管がギリギリだったらしく、術後しばらくは声がかすれていました。

            今もまだ時々かすれ声になって、声が出しにくいときがあります。

            それらに加えて筋力の低下など、手術前にはなかった体の不調にやや不機嫌な状態で「令和」を迎えてました。

             

            心配だった入院生活ですが、同室の小学生の女の子達と仲良くなり、楽しく充実した時間を過ごすことができました。

            首は痛かったけどね!飲み込むたびに痛いから、食事のときが苦痛でした。寝るとき起き上がるとき、寝返りをうつときも激痛。

            寝違えて首が痛くて起き上がれないときを思い浮かべてください。例えるならばあんな感じです。

            手術のこと、術後のこと、子どもたちとの時間、ここでは語り尽くせないほどたくさんのネタができました。

            ママが帰ると寂しくて毎晩泣いちゃってた小3の女の子、仲良くなってからは「ママもう帰っていいよ」なんて言ったりして、すっかり泣かなくなりました。絵描いてあげると喜んでくれて、「宝物にする」と言ってくれました。ずっと私のベッドから離れなくてかわいかった…。

            小4の女の子ともたくさん遊びました。一緒にゲームしたり、お絵かきしたり、お散歩したり、工作したり、テレビ見てご飯食べて…。たくさんの時間を一緒に過ごしました。おかげで私も元気をもらい、痛みで泣きたい気持ちも吹き飛びました。

            入院経験があり、いつもは個室入院で寂しくて泣いちゃってたそうなのですが、今回は私がいたので大丈夫だったみたい。

            そのうち私が絵を描く職業の人だと看護師さん達にもバレて、色紙を頼まれたり…(笑)

             

            首は痛くとも絵は描けるので描きました。

             

             

            絵が描けてよかったなぁ…と実感する入院生活でした。

            私の絵で、目の前で子ども二人が「いいね!」「かわいい!」って喜んでくれるのたまらなく嬉しかったです。二人ともかわいい。

            自由帳に描いたらくがきをぬりえにして遊んでくれたりだとかね。

            ぬりえのお仕事は何度もしたけれど、こうして実際に塗られているところを見るのは初めてかも。

            仲良くなるきっかけとして、アリエスちゃんシールが活躍しました。

            ステッカー

            持ち歩いておいてよかった…。

             

            いつか元気な体で、病院以外の場所で再会できたらいいな。

             

            入院中の話は、そのうち実録マンガで描けたらと思います。

             

            JUGEMテーマ:日記・一般


            お守りあれこれ

            0

              あっという間に時間は過ぎ去り、今週末には入院です(゚A゚;)

               

              グループ展「蘭亭の宴」今年も申し込みました。

              早めに急ぎの仕事を終わらせ、展示用の作品を制作しようと思ったものの、制作に集中できる精神状態ではないため、何も進みません。退院後にやるしかねぇ…。もしくは入院中にラフ描く?

               

              蘭亭の宴2019年版のグラスデザインを担当しました。

              FANBOXのほうで詳しく記事にしております。

              制作過程載せてます。

               

              デザイン初心者が文字デザインやってみた前編

               

              デザイン初心者が文字デザインやってみた後編

               

              前編は有料記事ですが、後編は無料ですのでよかったらどうぞ。

              ちなみに有料記事は月額200円程度で見ることができます。過去の有料記事も見れるはず。

               

               

              入院も手術も人生で初めてなので、やっぱり不安です。

              知らない人と寝食を共にするなんてストレス溜まりそう(カーテンで仕切られてるとはいえ)

              消灯21時とか早すぎる!眠れるのか!?

              手術後ってどのくらい痛いんだろう?

              全身麻酔の副作用とか大丈夫かなぁ?

              …とかとか。

               

              考えると胃が痛くなってくるので、あんま考えないようにしています。

               

              不安なので、友達からもらったお守りたちを持っていきます。

               

              いつも風船のお仕事でお世話になっている、せいらさん工房のせいらさんから。

              お守り

              お正月に買ったものだけど、渡すタイミングを逃していたんだそう。

              手術が決まったあと、サプライズで届いてビックリ。

              キレイな水色のイノシシさん。

               

               

              小学校の頃からの旧い友人と、最近仲良くなった新しい友人から。

              お守り

               

              緑の小瓶に入った香水。

              去年だったか、メンタル落ちてた時に送ってもらったもの。

              ヒーリング効果のある香水らしい。いい香り。

               

              アクアマリンのペンダントトップ。

              私が水色好きと知り、自分ではもう付けないから…とくれたもの。

              癒やし効果や目の疲れ、喉に効果があると言われている石だとか。

              これを受け取った時、まだ病気(甲状腺がん)のことは伝える前だったので驚いた。

               

              その子が言うには、石が人を選ぶらしい。

              その石を必要としている人のところに、石は行くのだと。

              本当にそうかもしれないなーって思いました。

              運命的なタイミングで出会ったアクアマリン、大事に持っていこうと思います。

              手術したら当分ネックレスなどは付けれないと思うので、ひとまずボールチェーンに一緒に通してみた。

              しばらくスマホケースに付けときます。

               

               

              作家オカベサトシさんから。

              お守り

               

              「お守り的な絵描いてください!入院中に眺める用に、ゴチャゴチャした感じで。オカベサンとロボも入れてください」

              という無茶振りをしたら、快く描いてくださいました。

              患者さんそっちのけで診察室で絵描いてるオカベ先生がおもしろい。

               

              オカベさんのゴチャゴチャ絵が好きすぎて、先月大作を購入しました。

              ずっと見てても飽きない。癒やされる。

               

               

              明日は同級生たちと飲み会です。

              入院前日なので呑みすぎないように…といってもいつもお酒は控えめな私です。

               

              JUGEMテーマ:日記・一般


              採血で迷走神経反射

              0

                手術の1ヶ月前までに受けなきゃいけない検査というのがあるらしく、20日に検査を受けてきました。

                緊張しているのか、朝方まで寝付けず。そして検査のため朝食は抜き。水とお茶はOK.

                 

                採血・採尿・胸部レントゲン・心電図・肺機能検査

                 

                トイレ行きたいなーと思いつつ、採尿まで我慢だと思い、採血・採尿の部屋へ。

                仕切りのあるブースで、次々と採血されていく人々。

                大学の健康診断を思い出します。

                 

                番号が呼ばれて行くと、名前の確認のため、

                血を入れる試験管に貼られたラベルを見せられました。名前が印刷されています。

                5本とります、と見せられました。

                 

                (゚A゚;)

                 

                座っての採血って、どうも器具やら何やら見えてしまって見てしまって緊張します。

                 

                チクリ。1本2本…刺したままの針が痛い。3本目ぐらいの頃、血の気が引いてふわ〜っと意識が遠くなっていきました。

                「具合悪い?」

                「…はい」

                「倒れると危ないから誰か押さえてて!あともうちょっとだから!」

                肩を掴まれながら採血続行。

                車椅子が用意され、乗せられて、「耳鼻科の患者さんだから、耳鼻科で休ませてもらおう」と耳鼻科に運ばれていきました。

                耳鼻科の受付に着く頃には、少し落ち着き

                「顔色良くなってきたね」と言われました。

                 

                採血で具合悪くなるのは、「迷走神経反射」というらしいです。

                緊張や痛みによるストレスで血圧が下がる脳貧血状態で、鉄欠乏性貧血とは別物(詳しくは検索してください)

                「横になってとることもできるので、言ってくださいねー」とのこと。

                言い出せなかったのよ(´・ω・`)そんな日もある。

                 

                過去にも何度かそういうことがあったのですが、針とか刺すとこ見ちゃうといつも倒れる気がします。

                横になって採血だと、腕が見えないし、倒れることもないので安全です。

                 

                ベッドで休んでから、採尿へ。看護師さんにトイレの前まで付き添ってもらいました。

                 

                そして残ってる検査へ。一人でレントゲン室へ…

                 

                 

                迷った。

                 

                 

                病院内でしばし道に迷い、そうこうしてるうちにまた具合が悪く…。

                息切れがしてフラフラになりつつレントゲンへ。

                 

                一人で来ないで母に付き添ってもらえばよかったと後悔。

                車椅子で運ばれたいレベルのヨロヨロ具合でした。

                次は心電図。横になれるので助かった。

                お次は肺機能検査。

                器具を口にくわえて、鼻をつままれ、吸ってはいて。

                はきたりなかったようで、「もう1回、勢いよく一気にはいて」とやり直し。

                 

                検査を受け終わり、診察へ。

                肺機能がちょっと弱いけど、ギリギリ正常です。とのこと。

                他は問題なさそうでした。

                 

                お会計して帰ろう、とフラフラとした足取りでエスカレーターの前にきたところ、

                「フラフラしてるけど大丈夫!?倒れると危ないからエレベーター使いなさい。」と引き止められました。

                「ベッド貸すから、休んでいく?」と言ってくださったので、なにか食べてから休むことに。

                 

                売店でおにぎりとパンと鉄分入りのジュースを購入。

                これ買うだけでも体がしんどいのなんの。

                待合室で飲んで食べてエネルギー補給。

                すでにお昼どきは過ぎ、待合室はガラガラ。

                お散歩にきた入院患者さんがチラホラいました。

                 

                そしてベッドを借り、寝ました。

                寝不足なのになかなか寝付けなかった。

                これは入院のときも眠れなさそうだなぁ…。

                「17時にお会計閉まっちゃうから」と起こされ、自力で帰ることに。

                 

                こんなとき、送り迎えしてくれる家族がいる人を羨ましく思う。

                うちは私しか免許持ってないし、車ないし、ペーパードライバーだし。

                タクシー代をケチって公共交通機関で帰りました。

                 

                本当は病院のあと手続きのために行くところがあったのだけど、無理。

                 

                これを書いてる現在は、机に向かって作業できるくらいには回復しました。

                でもまだ疲れやすく、時々横になりつつですが。

                 

                次の通院は入院の日。

                来週も再来週も病院行かなくて済むー!やったー!

                ここ1ヶ月毎週通院だったもんなぁ・・・。

                 

                それまで風邪などひかぬように気をつけます。

                 

                JUGEMテーマ:日記・一般


                検査の結果と今後のこと

                0

                  先日受けたPET検査の結果と治療方針を決めに病院へ行ってきました。

                   

                  冷えのせいか、緊張のせいか、出かける直前お腹痛くなって困った(;´Д`)

                   

                  病院行ったらめっちゃ混んでました。火曜は混むのかな。

                   

                  そして診察室…は混んでいたので処置室へ通されました。

                  そこで主治医から説明を受けることに。

                   

                  結果、転移などはありませんでした。

                   

                  よかったーーー!!!

                  右側の甲状腺乳頭がんだけで、それも1センチにも満たない小さいもの。

                  極めて初期のがん、ということでした。

                   

                  治療は手術。右側の甲状腺を切除するというもの。

                  左側は残すので、ホルモンの薬を飲む必要もないそうな。

                   

                  甲状腺乳頭がんは、進行はゆっくりではあるけれど、

                  放置すれば腫瘍が大きくなったり、近くの臓器(肺やリンパなど)に転移する場合もあるので、手術をオススメするということでした。

                  転移は怖い(; ・`д・´)

                   

                  そんなわけで、手術の日を決めてきました。

                  4月下旬に手術します。それに伴って、10日ほど入院することになります。

                  全身麻酔して、5センチくらい首切るそうな。

                  傷はたぶん残る。

                  母がやたらそれを気にしていたけど、私は傷が残ろうがどうでもよくて。

                  どのくらいで日常に復帰できるかが重要で。

                  わりと早く戻れそうなので安心しました。

                  入院中でもパソコン持ち込んで絵描こうと思えば描けそうな。

                   

                  退院日は聞かされてないけど、たぶん平成が終わって新元号になった頃かなぁ?

                  それともギリギリ平成のうちに退院なのかしら。

                   

                  入院・手術がらみの書類をたくさんもらいました。

                  入院の準備面倒だなー。

                  手術も入院もこれが人生で初めてです。

                   

                  あと来週また検査があります(´・ω・`)

                  手術受ける上で必要な検査だそう。

                   

                  とりあえず転移なくて安心したので、手術前までお仕事頑張ります。

                   

                   

                  …そういえば書き忘れてたけど、父も私と同じ病気らしい。

                  しかも去年発覚したらしい。

                  …もしかして遺伝?

                   

                  JUGEMテーマ:日記・一般


                  PET検査

                  0

                    PET検査というものを受けてきました。

                     

                    【検査前日は早めにご就寝ください。】

                    と書いてあったので早めに床についたのですが、なっかなか寝付けずで。

                    ここ最近はわりとよく眠れていたのに、久しぶりの不眠傾向でした。

                    寝付けなくてお腹空いて、深夜2時半にマシュマロを3つほどつまみ食いしました。

                    検査6時間前から絶食だったんですが、2時半ならセーフ!と思って。

                    その後少し眠ってはいやな夢で目覚め、眠っては目覚めを繰り返してました。

                    自分で思ってるよりも精神的ダメージ受けてるのかもしれない。

                     

                    検査前にギャラリー親かめ子かめに立ち寄ってリラックス。

                    そして指定のクリニックへ。

                    …駅を出て、さて、どの方向へ行けばいいんだ?地図見てもわからん。という方向音痴。

                    スマホのナビ見て進行方向を確認しながら進む。

                     

                    風が強く、寒い。

                    昨日暖かかったから油断した。薄着すぎた!!

                     

                    なんとか時間どおりに到着。

                    ホテルのロビーを思わせる、高級な雰囲気。

                    スタッフのお姉さんの雰囲気も、病院ではなくホテルの受付嬢のような品の良さ。

                    座り心地の良いソファー。水+お湯が備え付けられて、お茶を淹れることもできる。

                     

                    問診票に記入すると、更衣室に案内され、検査着に着替えました。

                    ジャージの素材でした。

                    荷物を入れるロッカーは、電子ロックをかけます。

                     

                    医師から簡単に説明を受けたあと、スタッフの女性に「中の紐結んでますか?」と聞かれました。

                    なんと!中の紐!?そんなのあったの!?あらやだ胸チラしてた!?

                    「こちらへ…」と近くの部屋で紐を結んでくださいました。

                    検査着の着方なんぞ知らなかったもので。

                     

                    そして身長体重の測定。

                    そして採血、確認のための生理食塩水注射、そのまま薬液注射、追加で生理食塩水の注射。

                    上手な方で、苦痛なく終わりました。

                    採血で具合悪くなったことがある旨伝えると、足を高くして、頭を下げた状態で処置してくださいました。

                     

                    注射された薬液には、ブドウ糖と放射性物質が含まれているそうで、

                    放射性物質は尿に貯まるとかで、安静室ではコップ2杯の水を飲むことに。

                    1時間ほどリクライニングチェアで横になり、暖かい毛布をかけて休みました。

                    ろくに寝てないから寝るつもりでいましたが、全く眠れません。眠れません。

                     

                    そして検査室へ…の前にトイレへ。

                    膀胱内の放射性物質を出しきっちゃうんだそう。

                    仰向けになりベルトで軽く固定され、毛布をかけられ検査開始。

                    「息を吸ってください。止めてください。楽にしてください。」と機械音声の指示通りに呼吸します。

                    「息を吸ってください。はいてください。止めてください」の息止めてる時間が長いのがちょっと苦しい以外は苦痛のない検査でした。

                    機械の中に入っている時、狭くてなんだか落ち着きました。

                    入る瞬間はちょっとテンション上がりました。

                    うわぁぁ!動いたぁぁ!うおぉぉ!何かが回転してる〜〜〜!!!!カメラかなぁ!!???

                    こういう機械に一度入ってみたかったんだ。ふふふ。

                     

                    画像がうまく撮れてなければ再検査…ということでしたが、うまく撮れていたようです。

                    検査後は、体の放射性物質を減らすため、また安静室で休みます。

                    それが終わればお会計で終了。

                    保険適用でも約3万円。高いよ。でもすごい機械だから仕方ない。

                     

                    ほぼ待ち時間はなく、スムーズに検査が進みました。

                    再検査もなかったので、2時間ぐらいで終わりました。

                    ずっと休んでいたのに、疲れました。精神的な疲れなんでしょうか。

                     

                    検査当日は、妊婦さんや乳幼児と接触しないように、あとは普段どおりでOK。

                    水分はたくさんとってたくさんおしっこしてください。とのことでした。

                     

                    ランチに行こうと思ってたお店に乳幼児がいて、空いてる席が乳幼児の真後ろだったので行くの諦めました。

                    代わりにお気に入りのベーグルを買っていきました。

                    実は一昨日もベーグル買ってるんだけどね。また買っちゃった。

                    安いし美味しいし食べごたえも抜群なんだもの。

                     

                    帰りに再びギャラリーでのんびり休んで心をリフレッシュさせてきました。

                    たぶん一人でいたら、検査結果が気になって不安になってしまうので、親しい人達とたのしく過ごせて良かった。

                     

                    結果を聞くのがちょっとこわい。

                     

                    JUGEMテーマ:日記・一般


                    乳がん検診受けたら甲状腺がんが見つかった話

                    0

                      というタイトルで次の同人誌描こうかなと思ってます。

                      杜の奇跡に間に合わないかもだけど(そもそも参加できるんだろうか)

                       

                      タイトルまんまなのですが、甲状腺乳頭がんというものが見つかりました。

                       

                       

                      ことの始まりは2/19。乳がん検診の受診期限が2/28だったので、今月こそは行かねば!と受けてきました。

                      検査受けて、「何もなかったー!よかった安心!」ってなるつもりで受けました。

                       

                      今年は超音波(エコー)検診で、エコーは初体験。

                      乳だけかと思いきや、「首も診ます」とのことでした。

                      首にジェルを塗られ、エコーの機械を首にぐいぐい当てられました。

                      ぐりぐり念入りに押し当てられたので、ちょ〜っと苦しかったです。

                      細かく動かしながら、何かにピントを合わせ、何枚か画像を撮るお医者さん。

                      「ごめんねーもう少しだけ撮らせてねー」

                      その後胸のエコー。

                       

                      画像を撮り終わって、その場ですぐ説明を受けました。

                      • 甲状腺の左右に小さいしこりがある。
                      • 左は良性。右は石灰化していて良性かどうかちょっとわからない。
                      • 紹介状を書くので、なるべく早めに検査してもらってください。
                      • 胸の方は問題ありません。

                      というようなことを言われました。

                       

                      乳がん検診で、まさかの甲状腺に腫瘍を発見。

                      なんだかポカーンとしてしまいました。

                       

                      早く良性だと聞いて安心したい。

                      善は急げ。翌日2/20大きな病院へ、紹介状を持って行きました。

                       

                      甲状腺は耳鼻咽喉科でした。のどにあるからか。

                      血液検査、頸部エコー、触診、鼻にカメラ入れて喉を診られたり。

                      しこりに針を刺して細胞をとる検査(穿刺吸引細胞診)もしました。

                      仰向けになって寝て、エコー診ながら首に針を刺すのですが、緊張しました。だって首ですもん。

                      「腫瘍が小さいため、十分な量の細胞が取れないかもしれない。

                      そしたら結果が出ないため、再検査になる。そういうことはよくある」と説明を受けました。

                      この検査で良性か悪性かをまずはハッキリさせましょう。とのことでした。

                      腫瘍は1センチも無いくらいの小さなもので、境界が不明瞭で石灰化しているそうです。

                      境界が不明瞭で石灰化…というのは悪い腫瘍の特徴だとかなんとか。

                       

                      1週間後2/27に細胞診の結果が出ました。

                      と言いたいところですが、結果が出ずに再検査となりました。

                      前回より、医師を増やし、念入りにやることになりました。

                      前回の検査では、2回刺されたのですが、このときは4回針刺されました。

                      2回目に刺した時、変なところ?にグイグイきて痛くて「うっ…」とうめき声をあげてしまいました。

                      若干痛みでぐったり。

                      皮膚表面の針チクリ、はそんな痛くないのですが、腫瘍を探ってる時が…ちょっと…。

                      3回目でもうまく取れず、4回目…「あ、ここだここだ!」など、「うまくいったんじゃない!?」的な医師達の声。

                      おそらく無事に細胞が採れ、検査終了。

                      止血のため、分厚いガーゼをあて、その上から太めのテープでクロス張り。

                      前回は絆創膏だけ、だったんですけどね…。4回も刺したから?

                       

                      もし悪い腫瘍だった場合、手術を強くオススメしますと言われました。

                      もし悪性だったらマンガのネタにしよう。

                      タイトルは「乳がん検診受けたら甲状腺がんが見つかった話」で。

                       

                      刺したとこは1〜2日痛かったんですが、それよりテープ貼ったとこの方が後々まで痛かったです。

                      皮膚弱いので、絆創膏などでかぶれてしまうのです。特に首は皮膚薄いから。

                      テープはがしたら、一部の皮膚が無くなってて、透明な体液がダラダラ流れ出てました。そりゃ痛いわ。

                      今はようやく傷が塞がりました。

                       

                      3/6

                      結果が出ました。

                      乳頭がん。

                      甲状腺に腫瘍があると知ってから、ネットで検索してたりしたので、あまり驚きはありません。

                      今後、転移がないか検査して、がんのステージを確定させて、治療方針を決めることになるそうです。

                      家族と一緒に来てくださいって言われちゃいました。人生初!大きな病気!!

                      もうこれはマンガに描くっきゃないですね!

                      よし、次の新刊は「乳がん検診受けたら甲状腺がんが見つかった話」で決まりだな。

                       

                      近日PET検査受けてきます。

                      造影剤の検査は、喘息持ちだと怖いってんで保留っぽい。

                       

                      この先どうなるのか分からないけど、予後は良好ながんらしいので、命に別状はないはず!

                      転移してると厄介だけど…。まずは検査!

                      早めの治療が大事なので、早め早めに動いていこうと思います。治します。

                       

                      それにより周囲の皆様にはご迷惑をおかけするかもしれません。スケジュール面が…。すみません。

                      今請け負ってる分に関しましては、しっかり間に合わせたいと思います。

                       

                       

                      まずはあさっての検査がんばります。主に寝てるだけっぽいけど。朝食抜きですって。

                       

                      JUGEMテーマ:日記・一般


                      | 1/6PAGES | >>