お仕事実績ページへ
↑青空瑞希の今までのお仕事情報をまとめてご覧いただけます(サンプル画像あり)


  今

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

広告



毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集

イラスト素材販売中

写真素材 PIXTA

あれから9年

0

    9年も経ったんですね。

    当時の様子については、このブログの東日本大震災カテゴリにまとめてあるので興味ある方はどうぞ。

     

    震災復興のために自分になにかできるのか?

    体力も財力も人脈も知名度も少ない私には何もできることなんて…ないよ。

    とネガティブ思考に陥りそうになりましたが、よく考えてみた。

     

    コミケとか地元の何かしらのイベントに参加することによって、県外からもお客さんが来てくれる。

    これもめぐりめぐって復興の手助けになっているのでは?と。

     

    そんなことを考えてて、思い出したことがあります。

    震災のあとだったか、もっと前だったか…考えていたこと。

     

    なんでもかんでも東京東京東京ばっかり…。

    地方にももっと人が来るようにしたい。

    だからあえて自分は地元宮城で活動を続けたい。

    いつか有名になって、人を呼びこめるように。

     

    今はまだ呼び込む力は弱いけれど。

    それでも来てくれた人が、新たに他の人を呼んでくれるかもしれない。

    そうして少しずつ広がっていければ何か変わるかもしれない。

     

    今後も無理ない範囲で地元イベントに参加していくと思うので、来てくれたら嬉しいです。

     

    塩釜の海鮮美味しいです。また行きたいな。

    南三陸のウニ飯美味しかったです。また泉区で出張販売してほしい。ホタテやつぶ貝の串焼きも好き。

     

    去年ホテルグランドパレス塩釜の「汐彩」で食べた姫膳。

    姫膳

    税込1500円程度でこんなにたくさん!食べきれない!

     

    JUGEMテーマ:日記・一般


    赤べこプロジェクト展

    0
      昨日、東北復興支援「赤べこプロジェクト展」に行ってきました。
      友人に誘われて、ワークショップでオリジナル赤べこ作ってきました!

      親子連れが多く参加する中、いい年した女2人で真剣に塗ってきました。
      友人は色違いで作って飾りたい!と1日で2個作ってました。
      しかもクオリティ高い(お見せできないのが残念)
      1日で2個作った方は初めてだとスタッフさんが言ってました笑

      私は1個が限界でした。
      白べこに好きなように塗ったりデコレーションしていきます。
      こんな感じに仕上がりました。

      赤べこちゃん正面
      べこ正面



      べこ横

      後ろ
       べこ後ろ

      腹や足の裏も塗ったんだけど、写真撮り忘れちゃった。
      虹をイメージしてメルヘンちっくに可愛らしく仕上げてみたつもりです。
      細部は作りながら考えて描きこんでいきました。

      作ったべこはお持ち帰りできます。

      …できるのですが、クリエーターの赤べことして展示していただく事になりましたびっくり
      個性溢れる赤べこの中にこの子が・・・!?
      恐れ多いけど、せっかくなので飾っていただくことにしました。
      こんな事になるならもっと丁寧に塗っておくんだったわ汗

      この子は今後日本各地で展示されるらしいので、
      もしあなたの町で「赤べこプロジェクト展」が開催された時には探してみてくださいウィンク

      この子が手元に戻ってくるのは2年後になるとか…。忘れた頃に、だな。

      この展示、仙台で8月10日まで開催中だそうです。
      工作とか好きな方はワークショップも楽しめると思いますよ!

      楽しかったですヤッタv
       
      JUGEMテーマ:日記・一般

      あれから1年

      0
        東日本大震災を振り返る・・・と長くなるので
        このブログの東日本大震災カテゴリのリンクを貼ってみる↓

          http://blue.sky.littlestar.jp/?page=2&cid=19

        当時の様子を知りたい人は読んでみると面白いかもよ・・・?
        自宅避難生活?の様子などを綴ってあります。


        あれから1年たって、どこまでが復旧したんでしょう?
        最近充実した日々を送っていたので、新聞とかニュースとかあんまり見てなくて全然わかりません。

        身近なところですと、
        駅のペデストリアンデッキはまだあちこちヒビだらけのようです。
        デッキの下はバスプールになっているのですが、雨漏りしまくりですね。
        先月は、雨漏りのところに長いつららができてて危険でした。

        うちのアパートの修理もまだです。
        10月に被害調査がやっと入ったか思いきや、それ以来何も音沙汰無し。
        まぁ、普通に住めるので問題ないですが。

        しばらく閉館していた図書館は12月には再開してました。
        なかなか読書する時間がとれず、行ってません

        イービーンズのファッションフロアも今月再オープンするらしいので、ちょっと楽しみです。


        そういえば、あの地震後に散らかった自分の部屋を見て
        断捨離を決意したはずなのですが・・・
        物が減るどころか、増えてるって一体・・・
        ひどい・・・散らかりっぷり・・・。

        半年

        0
          もう半年も経ったのか・・・という思いと、
          もっと、もう何年も前のような感覚が混じった変な感じです。

          凹凸が激しく、バスが通るたび左右に激しく揺さぶられた県道は、
          今はキレイに補修され、普通に車が走れるようになりました。
          歩道はまだ大きな段差が残っていますが・・・。

          今月はイズミティ21の一部が再オープンしました。
          しかしホールはまだ再開未定の様子。
          泉図書館も再開未定ですが、11月くらいまで工事の予定だとか。

          ヨーカドーの外壁もいつの間にか直ってて、ネットが外されていた。

          少しずつ元通りになっていくところもあれば、
          まだ変わらないところもあったり。


          震災時の詳細な記憶は徐々に薄れていくけど、
          あの絶望感や不安感、感情が死んでしまったかのようなぼんやりした感覚、
          停電した夜の星空がとてもキレイだったこと、
          生きるのに必死だったこと、空腹のまま食料を求めてさまよったこと、
          水が復旧した時の喜び、シャンプーできなくて頭かゆくてしょうがなかったこと、
          1ヶ月ぶりの入浴は極楽だったこと、
          は絶対に忘れないと思う。

          いつかその体験をマンガの形にできたらな、と思います。


          今度これ買おうと思う。
          河北新報特別縮刷版 3.11東日本大震災1ヵ月の記録

          けっこう河北新報には救われた気がする。河北も被災してるから、身近に感じるし。
          あとラジオ!声枯らしながらも安否情報メールを夜通し読み上げてた。あれはすごい。
          テレビは役に立たないどころか不安を煽るだけだった気がするな。
          役に立ったのはL字の部分だけか。
          ネット繋がってからはネットが一番役に経ったかな。
          mixiの地域のコミュニティとか、地元の人達とのリアルタイムな情報交換ができて、すごく便利だった。
          開いてるお店の情報とかね。『今どこで何が買えました!』『何時から何時間並んで何時に店開きました』『一人2点まででした』みたいなの。

          地震の傷アト

          0
             3月の地震から3ヶ月以上が経過し、ほぼ通常通りの生活に戻りました(私はね)
            だけど、震災の影響で閉店したお店、まだ再開できていないお店、再開はしたけれどあちこちヒビが入ったり外壁がはがれたままのお店、色々です。
            何度かバイト先の人に連れてってもらった回転寿司店が撤退してたのにはショックです
            うちのアパートの被害状況の内部調査も、未だにいつになるか分らない状態。
            壁の修復作業なんてもっと先になるんだろうなぁ。
            まずは被災地の仮設住宅の建設が先だしね。

            余震は減ってきているけれど、アスファルトや歩道のタイルのヒビなんかは気が付くと増えてます。
            応急処置したそばからまたヒビが入り、ボロボロになってる気がする。
            ペデストリアンデッキなんかそんな感じです。
            雨の日はバスプールに雨漏り発生してる


            バイト始まってから、仲間の被害状況を聞いたりしました。
            同じ宮城県内に住んでいて同じとこで働いてるのに、被害の差にビックリ・・・です。

            当時社内にいたYさんの場合
            地震の時、パソコンやら何やらが落ちまくる社内を5週くらい走り回る。
            夕方、帰宅時に会社の近くの信号は点灯していた。
            エラい事になったと心配して家路に着くが、
            家では食器1枚割れておらず。近所もブロック塀が倒れる事も、瓦屋根が落ちている事もなかった。
            ただライフラインが長いこと止まっていただけ。
            ※地盤がすごくしっかりしている土地らしい

            Tさんの場合
            実家が岩手の沿岸部で、家が流されたものの人は無事。
            父親は避難所生活を続けている。仮設住宅に入れるのはたぶん8月以降。
            旦那さんの会社が津波の被害にあい、車が流される。
            休職扱いになり、バイトをなんとか見つけたが、勤めて1ヶ月も経たないうちにもとの会社から埼玉へ1年の転勤を命じられる。
            Tさんもうちのバイトの繁忙期が過ぎたら埼玉へ行くことに。
            ※Tさんとはよくランチに行ったりしてたのでサミシイです
            仙台との気候の違いもあるし、人間関係も一から作ってかなきゃで色々と不安そうでした。

            他の人はうちとそんな変わらないと思うので省略。


            震災から1週間くらい経過した頃でしょうか。
            ブログには書いていませんでしたが、食料危機がある程度落ち着いてから、異常なほどの食欲に襲われていました。
            食べても食べても、もっと食べたい。
            お腹いっぱいなのに、お腹が空いているような不思議な感覚。
            きっともう入らない。これ以上は食道に逆流してしまいそう。
            そこまで食べてももっと食べたい。そんな状態。
            食べ物がろくに手に入らない状況下でそんな事言えやしないので言いませんでしたが・・・。
            しかしこれ、私だけじゃなかったようです。
            震災後に会った友人知人に聞いてみると、「私も!」と。
            うちの家族も普段よりたくさん食べてましたが、よそでも同じだったようです。
            数日間空腹状態になったための、生命を維持するための何かなんでしょうか。
            それともストレスからくるものだったのでしょうか?
            両方なんでしょうか?
            4月いっぱいくらいは間食とかしまくりだった気がします。

            皆さんは食欲どうでしたか?

            避難訓練

            0
              きいた話なんだけど、東京の小学校では地震の避難訓練やってないってマジですか!?
              バイト先の人の知り合いの女の子が、東京で地震にあって、皆避難訓練の経験が無く、教室中パニックになり、その女の子が皆に「机の下にもぐって!」とか避難の指示を出したとか・・・。

              その話を聞いて驚きました。
              地震の避難訓練って、小中学校では毎年必ずやるのが日本全国当たり前だと思っていたので。
              高校もやってたかな。大学ではやってないかな。

              私は地震がくると真っ先に窓かドアを開けます。
              逃げ道確保です。地震で開かなくてなる可能性があるので。
              あとは頭を守る。暖房器具などの火元を消す。


              昨日も今日もバイト中にミシッと地震がきてビビッた
              すぐに収まったからよかったけど・・・。こわい〜。

              一昨日撮った写真

              0
                特に書く事が無いので、一昨日撮った写真でも載せます。

                桜
                 
                ショッピングのついでに、少し遠回りして桜並木の中を歩いてきました。
                天気も良かったので、桜を見て歩く人がけっこういました。

                花

                花壇にはお花も咲いてます。
                春ですね。
                花粉も飛んでますね。外出時にマスクは必須です。
                花粉のせいで顔がかゆいです。アトピーの湿疹再び…。

                震災から1ヶ月以上経って、営業再開するお店もだいぶ増えたけれど、
                まだ、こんな爪痕は残っていたりします。

                ベンチ

                いつ片付けられるんだろう、この椅子。

                ガソリンスタンドの列は見なくなったけど、震災ゴミ置き場の車の列は相変わらずです。

                ここ数日余震がまた増えてきた気がする。
                怖いなぁ・・・。
                一応、7日の大余震以来、水は汲み置きしています。
                でも保存用飲料水がもう無いから買わなきゃいけない。
                あと、枕元付近に懐中電灯を準備してある。

                携帯電話用充電器

                0
                  イ○ーヨー○ドーで携帯電話用充電器を見つけたので買いました。
                  単三乾電池で携帯を充電できちゃうんです!
                  停電が長く続くと、携帯の電池が切れ、連絡手段が無くなります。
                  ネットで情報収集もできません(mixiが何気に役立った)
                  ライト変わりにすら使えなくなります。
                  そうなるともう、携帯は何の役にも立ちません。

                  こんな時に携帯電話を充電できる物があれば…。
                  停電時、何度もそう思いました。

                  そして今日見つけたのがコイツ。
                  これだ!こういうのを求めてた!!
                  ちなみに880円でした。お手頃価格。
                  ソーラー充電タイプの物もあるらしいけど、それは結構高い…。


                  こんな可愛いパッケージのも売ってるのね…。
                  電池にまでイラストがっ!使い終わっても捨てられないね!!

                  あれから1ヶ月

                  0
                     あの巨大な地震から1ヶ月。
                    もう1ヶ月なのか、まだ1ヶ月なのか。

                    17時半頃、今度は福島で震度6。
                    仙台でも結構揺れました。
                    それから数分ごとに頻繁に揺れを感じています。
                    と書いてる今もやや強い揺れ。
                    なかなか落ち着かない日々ですね・・・。

                    先月14日に撮影した町の中の様子を載せてみます。

                    マンホール

                    13日までは、マンホールの蓋が縦にはまってました。そん時はコーンまだ無かった。
                    今では穴の上に壊れた周辺のブロックを乗せてあり、立ち入り禁止になっています。

                    点字ブロック
                    点字ブロックが隙間だらけ。

                    ブロック塀
                    倒壊したブロック塀。

                    倒れた塀
                    丸ごと倒れてる。

                    ブロック塀の瓦礫は、今はもう片付いてるはず。

                    他にも危険箇所がありましたが、写真は撮っていません。

                    瓦屋根が崩れたり、道路標識が曲がってたり、自動販売機が傾いてたり、
                    塀が傾いてたり、コンクリートがひびだらけだったり、窓が外れていたり、窓ガラスが割れて粉々に落ちていたり、マンホールが隆起していたり。
                    私が実際に目にした11日の本震による被害状況はこんな感じ。

                    余震の痕跡

                    0
                       本棚のずれ
                      廊下の本棚。
                      先月11日の本震と、今月のでかい余震によってこのくらいズレました。
                      10センチくらいズレたタンスもある。
                      掃除してないから汚いけど気にしないでください(笑)

                      今日はお洗濯して、午後からはスーパーへお買い物。
                      今日は食パンだけでなく、菓子パンも一人1個までになってた。牛乳も。
                      食パンと牛乳を買いました。安い低脂肪乳はありません。200円前後の成分無調整タイプだけ。

                      帰ってくる時に改めてうちのアパートを見て、ひびの長さにポカーン
                      何度見ても、ふろ場の窓の下から下の階へ伸びるひびがやたら長い。
                      どうなのこれ。崩れるの?大丈夫なの?
                      玄関前の階段のコンクリートもひび入ってるし。

                      部屋の中の壁も、一見普通なのに軽く押すとミシッと嫌な音をたてる場所がある。
                      ミしっと凹むんです。
                      部屋の壁って、もっと固いはずだよね?
                      いつからこうなった。


                      壁にひびが入ってる夢見て、目が覚めて「あー良かった夢だ」とホッとしたのもつかの間
                      夢じゃない…。現実もひび入ってた
                      朝からちょっぴりブルーな気分になりました

                      | 1/4PAGES | >>