お仕事実績ページへ
↑青空瑞希の今までのお仕事情報をまとめてご覧いただけます(サンプル画像あり)


  今

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

広告





液晶ペンタブレット [13.3型 HD液晶] Cintiq 13HD (DTK-1301/K0) icon icon

ワコム Windows搭載液晶ペンタブレット Cintiq Companion2

イラスト素材販売中

写真素材 PIXTA

【お仕事情報】トキメキ めいろあそび デラックス(成美堂出版)

0

    成美堂出版さんの「トキメキ めいろあそび デラックス」でイラスト描かせていただきました。

    第7章 トップモデルにステップアップ! を担当しております。

    第7章は42ページとボリュームたっぷりです!(しかもフルカラー!)

     

    めいろの本ですが、絵さがしやまちがい探しもありますよ。

    他の章には、なぞなぞや早口言葉も!

     

    ↓章扉。ピンクキラキラでカワイイデザインです!

    トキメキ めいろあそび デラックス

    (画像クリックで拡大)

     

    中身チラ見せ。

    トキメキ めいろあそび デラックス

    (画像クリックで拡大)

     

    こんな感じの等身低めのチビキャラいっぱい描きました。

    めいろで遊びながら、着物や生花やテーブルマナーを学べる内容になっております。

     

    昨日ようやく全ページ遊び終えたんですが、難易度も様々で小さい子から大きい子まで楽しめるかと。

    大人がやっても「あれれ?」って悩んでしまう迷路もありました。

    ”この順番に進んでね”系のめいろが、順番を覚えられなくて何度も確認して悪戦苦闘(^_^;)

    もしかして、記憶力の良い子供の方が簡単にできるのかも?

     

    よかったら挑戦してみてください☆

     

    カラフルな表紙が目印!

    カバーイラストはおうせめいさん。

     

    児童書コーナーで探してみてください(*^^*)

     

    以下「めいろあそびデラックス」描いてた時のこぼれ話。

    ※熱中症になった時の話です。興味無い方はスルーで!

     

    JUGEMテーマ:読書

    この本のお仕事をしてた頃、6月〜8月だったでしょうか…。

    その頃酷い不眠に悩まされてました。

    床について7,8時間ずっと眠れないのです。

    眠ってもすぐ目が覚めるし、いつ眠れるのか自分でも分からなくなっていました。

     

    そんな日々が続き、梅雨が明けた猛暑日のある日。

    前日の夜頭痛が酷く、眠いけど眠れないまま朝に。

    寝るのを諦めて頭痛薬を飲み、早朝からずっとめいろの作画仕事をしていました。

    着物の柄を入れていたと思います。

    お昼までずっと集中して作業していました。

    午前中だけどすでに室温32度くらいあったかと思います。

    うちには冷房器具はありません。

    外から熱風が入らないように窓とカーテンを閉めて、保冷剤で頭などを冷やしていました。

     

    着物ページのめいろ部分の色やデザインを決め、「よし、いい感じ!」

    ↓右上の和風なめいろ

    トキメキ めいろあそび デラックス

     

    キリのいいところまで終えたので、お昼を食べて横になろうと思っていました。

    最後に寝てから24時間ほど経過していました(それも過眠程度)

     

    水分補給をし、梅干しご飯を食べました。

    睡眠不足状態なせいか、あまり食欲がありません。

    食べ進んでる途中、体が重く、力が入らなくなってきました。

    「あ、やばい、だいぶ疲れてるな…」

    体を起こしてるのがツライ。箸持つのも重い。

    あれ・・・手がぶるぶる震える。腕が上がりづらい…あ、これヤバイやつ?

     

    数分のうちにどんどん体調が悪化していきました。

    座っていられず、その場に横になりました。

    母にスポーツドリンクと濡れタオルを用意してもらい、

    水分補給して体を冷やしました。

    体温調節機能がおかしくなっていて、汗が出ませんでした。

    汗代わりにタオルで肌を濡らし、風で冷やし、さらに脇の下を保冷剤で冷やしました。

     

    それでも呼吸が荒くなり、コップを持つ手は大きく震え口に運ぶのも難しいし、飲むために体を起こすことも辛く

    自力で水を飲むのが困難な状態になりつつありました。

    せめてパウチパックなら楽に飲めるだろうに…!

     

    思いつく限りの対処はしましたが、すぐに回復しそうもなかったので救急車呼んでもらいました。

     

    救急隊員の質問に答えられず、黙ってしまったので

    意識がちょっと薄くなってると判断されたようです。

    たしか年齢聞かれた時に自分が何歳か分からず、数え年で答えてて、「あれ?どっちだ?」って悩んだ。

    たぶんあの状態じゃなくても悩むやつ。

    質問に答えるのも疲れるのでグッタリでした。

     

    それにしても、救急車って乗り心地悪いよなーといつも思います。かなり揺れる。酔いそう。

    車内では脈拍・血圧・体温を図られてました。微熱ありました。

     

    病院到着。すごく遠く感じました。

    普通の採血と、電解質の検査?のため動脈から採血もされました。

    動脈採血初めてだったんですが、足の付け根から採るものでした。

    …パンツ半脱ぎです。しかも採血担当は若い男性医師。

    私がもっと若かったら恥ずかしくて赤面したであろう…。

     

    軽い脱水状態だったらしく、点滴2本打ったらある程度回復しました。

    点滴は毎回血管見えなくて皆さん失敗される…(グッタリ)

    前日に頭痛があったことから、脳の障害の可能性も疑われ、

    体の左右で違う部分がないかの検査も色々ありました。

    脱力の検査?というのもあって、

    検査医の手を手や足で押したり引いたりする検査もしました。

    このへんの体験談はいつかマンガにしてみたいなぁ…。

    文字だと説明しづらい…。

     

    ちなみに病院いる間は全く眠れず。

    その日救急搬送される患者さんが多かったのか、

    まだ回復してないのに点滴1本で帰されそうになりました。

    急に暑くなる8月の頭(仙台)は要注意です。

    以前救急車で運ばれたのも同じ時期ですから…。気をつけてはいたのよ…?

     

    家に帰って、ようやく眠れました。30時間くらい起き続けてた。

     

    そんなこんなで着物のページ見ると、この日のことを思い出してしまいます(^_^;)

    締切にも間に合い、無事にトキメキ めいろあそび デラックス が完成して良かったです!

     

    ―後日談―

    9月に枕を買いました。

    お高いお店でしっかりフィッティングしてもらい、自分に合う枕を探しました。

    予算オーバーではありましたが、その枕に変えてから良く眠れるようになりました。

     

    枕 大 事 ! !


    コメント
    うわ、なんという危険な状態に!
    東北で涼しいのかもしれないけどまだ冷房装置は必要な緯度だと思います。
    マンガ家は命削って作品にしてるとも言いますが本当に削らないでくださいね。
    • K−1
    • 2016/12/15 7:14 PM
    冷房必要なほどの暑い日がそう多くないので、つい冷房買うのが後回しに…。
    せめて扇風機的なものは来年導入したいです。
    • 青空瑞希
    • 2016/12/21 10:21 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック