お仕事実績ページへ
↑青空瑞希の今までのお仕事情報をまとめてご覧いただけます(サンプル画像あり)


  今

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

広告






毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集

イラスト素材販売中

写真素材 PIXTA

蘭亭の宴2019懇親会

0

    蘭亭の宴2019、無事終了いたしました。

    早いものでもう1週間経つのですねー。

    展示の様子、展示された作品は上記リンク先の親かめ子かめブログにて見ることができます。

    行けなかったけど見たかったーって方は是非どうぞ。

     

    5/26に懇親会がありました。

    12時からの開催でしたが、杜の奇跡の方に出ていたので、17時半頃からお邪魔しました。

    様々な作家さんや一般の方が参加しており、私のようなジャンルどっちつかずな迷走中マンガイラスト描きでも、「ひょっとして場違いなんじゃ…」と不安になることなくいられました。

     

    pixivにしろTwitterにしろ、ジャンルや傾向は絞った方がフォローされやすいのは知っているけど、そんな風にはできなくて。どっちつかずで、中途半端で、どのグループにも馴染みきれなくて、自分に合う場所が分からなくて…。

    そんな孤独感を埋めてくれたのが親かめ子かめ。

    同じようにあっちこっち手を出してる系の作家さん達と仲良くなり、これはこれでいいのかなと思い始めたり。

    色々手を出したからこそできる、私にしかできない何かがきっとある!(というようなことを最近友人が言ってくれた)

     

     

    今年の懇親会には、青空ファンが3名ほど遠方からいらっしゃいました!嬉しい!

    お酒弱い者同士、ゆっくり日本酒を飲みながら、お料理や、お土産にいただいたお饅頭を食べました。

     

    懇親会参加でグラスがもらえるのですが、私のデザインした今年のグラスは大好評につき完売しました。

    これ↓

    せっかく来ていただいたのに、このグラスではなく、過去のグラスになってしまってゴメンナサイ。

    でも、もしかしたら数量限定で極少数再販があるかもしれないので、その時はTwitterでお知らせします。

    すでに入手してくださった方々、ありがとうございます!!

     

    参加してくれた青空ファン3名には、グラスの箱にマッキー一発書きでラクガキをしました。

    3つ並べて写真撮っておけばよかったー!

    一発書きなので下手なんだけど、3人とも喜んでくださってたので嬉しかったです♪

    相手の喜んだ表情が直接見れるのは、こういったイベントの最大の楽しみですね。

    また来年もやりたいなぁ。

     

     

    ちなみに私の箱にはオカブーを描いてもらいました。

    イベント後でクタクタの私にピッタリの言葉が。

    蘭亭グラス2019

     

    懇親会は20時まで続き、その後もダラダラと二次会?が片付けをしつつ続いてました。

    22時半ぐらいまでいたかなぁ?最後までおりました。

     

    グラスのデザイン代として…と、オカベサトシさん(一応親かめの店長らしい)が

    展示作品「あのこのためのせき」を額から取り出して、プレゼントしてくださいました。

     

    あのこのためのせき

     

    去年の懇親会で展示されていた絵のリメイク版。

    「いいなー」と去年見て思ってたので嬉しい。これは良いご褒美。

     

    ↓オカベさんのブログにて、この絵の解説が書かれていますので、興味ある方はどうぞ。

    『それぞれの特等席。』

     

    特等席いいなー。

     

     

    そんな感じでとても充実した1日でした!

     

    −6/4 追記−

     

    蘭亭の宴の投票企画、ご投票いただきありがとうございました!

    おかげさまで、3位という結果になりました。

    退院後間もなくて、あまり手のこんだ作品を作れなかったにもかかわらず、たくさんの票が入ったのは、遠近問わず足を運んでご投票してくださった青空ファンのおかげです。どうもありがとう!

     

     

    JUGEMテーマ:日記・一般


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック