お仕事実績ページへ
↑青空瑞希の今までのお仕事情報をまとめてご覧いただけます(サンプル画像あり)


  今

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

広告






毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集

イラスト素材販売中

写真素材 PIXTA

Skoop On Somebodyライブ

0

    10年ぶりくらいにSkoop On Somebodyのライブに行きました。

    知らない方はYouTubeへ。公式さんがたくさんMV上げてくれています。

    「sha la la」あたりなら知ってる人も多いんじゃないでしょうか。

     

     

    過去のブログ検索したけど、彼らについてほとんど書いたことなかったので、記事にしてみたいと思います。

     

    私が彼らのことを知ったのは、このブログを始めるよりも昔、たぶん2000年。ミレニアム。

    深夜の音楽番組、MusicPV Expoだったかな。

    それでama-otoという曲のPVが流れてたのを見たのがきっかけ(のはず…たぶん)

     

    その番組経由で知ったのかは覚えていないけど、仙台のエスパルでインストアライブをすることを知り、学校帰りに急いでエスパルに行きました。

    それが私の初めてのライブ経験。感動して泣きそうでした。

    CD買うと握手会に参加できてサインがもらえるというので、買って握手してもらったのを覚えています。どのCDかは忘れてしまった。たぶん「線香花火」。

    TAKEさんと握手した時、「さっきそこで見ててくれたよね」的なことを言われて、緊張と驚きと嬉しさと照れで何も言えずにいたら、「大丈夫?」って心配してれくれて。そこで完全に落ちました。SOS沼に。

     

    CDは発売日にCDショップ行って購入。

    仙台でライブがあれば足を運んでいました。

    当時はチケット代が安く、イベントによっては観覧無料だったりしたので、お金が無くても通いやすかったです。

    2004年ぐらいまでそんな感じで大ファンでした。

     

    その後、色々あって好みが変わり、アニソン・ゲーソン方面にハマるのですが、それはまた別のお話。

     

    一時聴かなくなった時期もありましたが、20周年のCD聴いたり、ライブ見たりして、

    やっぱりSkoop On Somebodyのサウンドは良いな〜と思いました。

     

    以下ライブの感想。ネタバレ注意。

    今日はあいにくの雨だったけど、さすが晴れ男。ライブ直前には日差しが復活してました。

     

    私の視力でTAKEさんのお顔見えるかな〜?と心配だったのですが、ギリギリTAKEさんの表情を拝める距離でした。笑顔が眩しい。

    50歳目前になっても大人の色気は変わらず健在。むしろよりイイ男になっていらっしゃる?かっこいい。

     

    好きな曲いっぱいで嬉しかった。

    切ない系の曲では思わず目に涙してしまった。

     

    バラードが多めの印象だったけど、UPやバラ色での盛り上げ方はさすが。

    やっぱりライブで聴くバラ色は最高です。大好きです。何度でも聴きたい。

     

    MCも面白くて、笑わせていただきました。

    牛タンとかセリ鍋とか、仙台ならではのトークが嬉しい。

     

    TAKEさんが、会場にいるお客さんのひとりひとりの顔、ちゃんと見えてるよ。エスパルの頃からのお客さんだってちゃんと分かるよ。ってなことを伝えてくれて嬉しかった。それに私が含まれているのか分からないけど(当時はメガネじゃなくコンタクトだったし)

     

    アンコールが終わって退場する時、TAKEさんが投げキッスしかけてやめて…焦らしてからの投げキッスはたまらなかったです。

    それにしても投げキッスがよく似合うオジ様だ。

     

    また仙台に、イズミティに来てほしいなー。

     

    ↓うろ覚えのセットリスト。順番違ったり抜けてると思う。

     

    happy people

    a tommorrowsong

    ama-oto

    sha la la

    微熱

    ラビリンス

    if

    今、僕はここにいる

    Tears of JOY

    Amanogawa

    Blue Moon

    ぼくが地球を救う

    UP

    バラ色

     

    No Make de On the Bed

    evergreen

    Wings

     

    会場限定CD「ラビリンス」を買い、7月発売のアルバムの予約をしてきました。

    今までで一番素の彼らが出ているアルバム。二人のくんずほぐれつ(音楽的な意味で)な曲になっているそうで楽しみ。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック