お仕事実績ページへ
↑青空瑞希の今までのお仕事情報をまとめてご覧いただけます(サンプル画像あり)


  今

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

広告



毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集

イラスト素材販売中

写真素材 PIXTA

浴衣と傘と救急搬送

0

    梅雨になりました。

    折りたたみ傘がなかったので、日曜にステキな折りたたみ傘を探す旅に出かけました。

    数か月ぶりに仙台市中心部へ。新型コロナが県内で発生以降初の街中。久しぶり。

    アーケードを歩き、傘を扱っていそうなお店を片っ端から見て回りました。

    これが価格や軽さやデザイン、使いやすさからして一番だな。

    そう思える傘を見つけたのは、以前使っていた折り畳み傘を買った雑貨屋さんでした。

    晴雨兼用UVカットで1000円+税。

     

    が、さっそく購入…はせずに一応他のお店も見てみることにしました。

    ここを見たらお茶でも買おう。

    初売りの時に福袋を買ったお店で傘扱ってたりしないかな?と思いとあるデパートへ。

    そしてお目当てのフロアへ到着。

     

    あらまぁ、目の前にステキな和服屋さん。

    和モダン?大正ロマン?なんていうのかわからないけど、そんな感じのオシャレな振袖。

    吸い寄せられて、そこに置かれたパンフレットを手に取る。

    お店の人に声をかけられた。

    「振袖お探しでしたか?」

    「いえ、ただかわいな〜と思って」

    少し店内を見てみる。

    そしてめっちゃカワイイ好みの柄の浴衣を見つけてしまった。

    すごく気になる。

    猫とトランプの絵。淡い色の中に赤がアクセントになっていて、まるで不思議のアリスのような世界観。

    「合わせてみませんか?」

    お言葉に甘えて羽織らせてもらった。

    さらにそれに合う帯紐を見せてもらった。すごいカワイイ。

    着物へのイメージが変わっていく。こんなデザインのもあるんだ…!

    着物の話から、なぜかクラゲの話やアリスの話をしていたら、ベテラン店員さんも会話に加わった。

    そこからお店の方の上手なトークにつかまった。

    商売上手!

    私の求めるもの、好みを把握し、金額の不安にも共感し、コーデの提案、日常生活でこの浴衣を着て過ごすイメージをさせる匠なトーク。

    あーこれはあかん。押し切られてしまいそう…。

     

    結果、購入に踏み切りました。高かった。

    浴衣は機会あれば欲しいと思ってたのと、この柄以上に好みの柄は他には無いだろうという確信。

    着付けレッスンは何度でも無料という誘惑。

    着物とかのお話をもっと聞いてみたい、知りたいという好奇心。世界が広がりそうな予感。

    なにより給付金により今の私は財布の紐がゆるい。

    そうだ、地元の経済を回すのだ。

    そしてお高い浴衣はそのぶんたくさん着て、レッスンで情報を収集して、それで元を取ればいい。マンガのネタにもなるかもしれない。

    などと自分に言い聞かせて買っちゃいました。帯も一緒に。レースでかわいいの。

     

    かなりの時間が経過してしまい、のどはカラカラ。もう3時過ぎだ。お昼も食べていないどころか、かれこれ数時間水分をとっていない。ちょっと疲れたかも。

     

    烏龍茶を購入。タピオカでも買って休んでいこうかとも思ったけど、コロナの影響で座席数が少ないので休まず歩き続けた。

     

    さっきまで晴れていたのに、いつの間にか大粒の雨。

    さっさと傘を買わなければ。濡れてしまう。

    濡れないように迂回しながら、ほかの雑貨屋を見て、欲しいのがないとわかるとさっきのアーケード内の雑貨屋さんに戻った。

    さきほど買った浴衣に合いそうな、アリスっぽい雰囲気になりそうな傘を選んだ。

     

    もう夕方。ご飯を食べるのには微妙な時間だ。

    買おうと思っていた本を買って帰ろう。

    メイトの新刊売り場にはお目当てのものは置いていなかった。

    探そうとしたが、なんだか体の調子が悪い。ヤバイ予感がする。倒れる前兆を感じる。

    体が重く、めまいのようなふらつき。座って休みたい。

    だが近くにそんな場所は見当たらなかった。

     

    さっさと帰ろう。

     

    本は諦めて帰ることにした。

    地下鉄へ行くための階段のところで、足に力が入らなくなり、足がもつれかかる。

    なんとかもちこたえて、ベンチで座り電車を待ち、電車に乗った。

    やっと座れた…。

     

    しかし体調は回復しないどころか悪化していく。

    手が震えてきた。

    手足がしびれてる?

    これはマジでヤバイかもしれない。

     

    最寄り駅に着き、なんとか下車。

    しびれでうまく歩けない。

    ドアの目の前にベンチがあり、すがるような思いで座った。

    歩くのもままならない感じだ。まともに立っていられない。

    どうしよう。

    これから目の前にあるエレベーターに乗り、改札まで歩いて…。

    それだけの距離なのに歩ける気がしなかった。

    たぶん途中で倒れる。

    先ほど買ったお茶を全部飲み干した。

    ここにいても水分補給はできない。

     

    駅員呼び出しボタンがすぐ近くにあるのを確認した。

    あそこまでならなんとか歩けるだろう。

    ボタンを押し

    「具合悪くて倒れそうです」

    と伝えた。

    すぐに来てくれた。

    車いすに乗せられ、自分でカードを改札にかざした。

    「いま中に入れられないから、多目的トイレの中で休んでもらうね」

    コロナ感染予防のためってやつだろうか。

    自販機に連れてってもらい、ポカリを買い、多目的トイレの寝台?で横にならせてもらった。

    母に連絡し、迎えに来てもらうことになった。

     

    脱水だろうし、ポカリ飲んだからきっと良くなるはず…。

     

    ………。

     

    はぁ はぁ はぁ

     

    あれ?

     

    血の気が引く、手足がしびれる。呼吸が荒くなってきた。

     

    母が来たらしく、駅員さんが「開けてくださーい」と言っている。

    このトイレは「開」ボタンを中から押さなければいけない。

    台からはちょっと離れている。

    立ち上がり、よろめきながらボタンを押した。

    立っていられず壁にもたれかかる。

    介助してもらいつつ台へ戻る。

    駅員「どうしますか?」

    母「顔色悪い…。はぁはぁいってるし」

    駅員「救急車呼びますか?」

    母「はい…」

     

    はーっ!はーっ!と激しく呼吸をしながら救急車の到着を待った。

    ゆっくり呼吸をしたほうがいいのだろうなと思い、ゆっくりしようとした結果、激しい深呼吸みたいになっていた。

     

    救急隊員の方たちが来た。

    「血流悪そうだねー」「手冷たい」「息苦しいですかー?」

    などと言われたり、いろいろ聞かれたりしました。

    聞かれる内容は、「脱水で救急車に運ばれた話」に書いたのと大体同じなので省略。

     

    担架に乗せられて救急車の中へ。

    血中酸素飽和濃度や血圧、体温、心電図を図られてました。

    血中酸素っぽいのは96、体温は平熱でした。

    ここでもいろいろ質問に答えたり、保険証と診察券とおくすり手帳を渡したりしてました。

    私は渡せる状態でないので、私のバッグを持って付き添っている母が代わりに。

    こんなこともあろうかと、おくすり手帳とか持ち歩いておいてよかった。

    救急車の中では、既往歴やアレルギー、飲んでるおくすりを聞かれます。

    そしてどこの病院に連れていくか決めます。かかりつけ病院があるとスムーズかもしれない。

    診察券の番号を病院に伝えているのが聞こえたので。

     

    さて何度目だろうか、救急の入り口。

    4年前は男性のお医者さんだったけど、今日は女性オンリー。

    「もう病院ついたからね、安心していいですよー」

    とやさしく声をかけてくれる。

    心電図に血中酸素に採血に点滴に、以前と同じ流れなので落ち着いていられました。

    「手冷たい」「血管見えないねー」「手グーパーして」「見えないかー」「セイチュウセンで採ろう」

    セイチュウセン…正中線であってるのかわからないけど、ひじの内側で採られました。

    あと動脈血の採血もやりました。

    あー!あれね!パンツごとおろされたあの!痛いやつ!(※脱水後編参照)

    痛いのを覚悟しましたが、一瞬痛いだけで、思ったほど痛くはなく終わりました。先生お上手です。

    首に針に比べれば恐怖感もなく、パンツもおろされず済んでよかったです。

    この動脈血の検査は、通常の採血よりも結果が早く出るんだそう。

     

    結果が出るまで点滴入れつつ回復室でお休み。

    点滴半分終わったところで尿意が発生。

    そういえば、12時過ぎにトイレに行ったきり、一度も行ってなかった。

    もう19時を回っているというのに。

    ナースコールをして、車いすでトイレに移動し、用を足す。

    ちょろり、ちょろり、と途絶え途絶えで全く勢いがなかった。

     

    検査の結果は、炎症反応や貧血はなし。

    電解質の異常(ナトリウム・カリウムの減少)がみられる。

    過換気症候群の数値が出ている。

    とのことでした。

     

    熱中症になるような気温ではなかったけど、脱水ですね、

    水分こまめにとってね、ということでした。

     

    点滴終わったら帰っていいよ、ということでした。

    点滴終わってからも、手足のだるさは続いていました。

    しびれの残りカスのような、ビリビリするようなだるさ。

    まだあまり手足に力が入らなかった。

     

    夜間なので、とりあえず7000円支払って後日清算となった。

    今月中に病院に清算に行かねばならない。面倒だ…。

     

    というのが昨日の出来事です。

    昨日の夜遅くから今も微熱が続いています。

    37.5未満なので、流行りのあの病気関係ではないとは思います。

    点滴したといってもまだ体は脱水傾向にあるので、体温調節うまくいってないのかも。

    塩舐めたら、ほどよい塩味のザリザリした物体って感じで、塩辛さを感じませんでした。

    お粥に塩たくさんかけて食べました。食べてるうちに塩辛さを感じられるように。

     

    朝、体組成計に乗ったら、体重・体脂肪・骨格筋率・内臓脂肪・代謝という項目の数値がガクッと落ちてました。

    これは誤差の範囲を超えている。いくらたくさん歩いたといっても、筋肉までガタ落ちはおかしい。

    これが脱水というものなのか…?体重が2%ぐらい落ちてた。点滴前だったらもっと落ちていたのだろう。

    明日の数値がどうなってるのか楽しみです。

     

     

    以上、最後までお読みくださりありがとうございました。

    微熱中につき、文章がおかしいところや誤字脱字があるかもしれません。

    どうか脳内で補正してお読みくだされば幸いです。

     

    みなさまも水分&電解質不足にはお気をつけてね。

    そんなに暑くなくても、そんなに汗をかかなくとも、じわじわとそいつはやってきます。

     

    ではでは私はもうしばらく自宅療養します。

    布団の上からお届けしました。

     

    JUGEMテーマ:日記・一般


    懐かしのビデオたち

    0

      次のお仕事が始まったので、お片付けは一休みしてお仕事してた1週間でした。

      が、弟がビデオテープの詰まった箱を掘り出したので、仕事を中断。

       

      97年頃に録画してたもの。「こどものおもちゃ」中学生編。

       

      VHS
      黒いテープに白い物体が付着しています。汚い…。捨てます。

       

      VHS

      りぼんの付録のシールが貼ってありました。

      このころはビデオのラベルが付録になってたのね。

       

      VHS

      ミルキーペンで紗南と羽山が描いてありました。

      ミルキーペン…なつかしい。流行ったよね。

       

      JUGEMテーマ:漫画/アニメ


      くらげのお菓子

      0

        加茂水族館のネット通販で「スーパー福袋セット!第3弾!!」を購入してみました。

        賞味期限が近いお菓子の詰め合わせです。6月末くらいまでの賞味期限です。

         

        加茂水族館の紙袋に入って届きました。

        スーパー福袋セット!第3弾!!

        クラゲちゃんいっぱいでカワイイです。テンション上がります。

        ステッカーとコースターがメッセージカードと共に入ってました。

        キーホルダーはキャンディ缶の中に入ってました。オマケだそうで、どっちがオマケなのか本体なのか。

        アザラシとクラゲが入ってました。ほかにも種類ありそう。

         

         

        さっそくクラゲ入りのおせんべいを食べてみました。おいしい。

         

        加茂水族館は、10年くらい前?にテレビで見かけて以来

        「山形にあるクラゲ水族館に行ってみたい!」とか言い続けています。

        なのにまだ行ったことがありません。

        主に交通の便的な問題で。

        私が行くときまで潰れないで…。←早く行け

         

        加茂水族館といえば、最近クラゲの傘が発売されましたね。

        通販でも買えるようですが、現地だとエフィラチャーム付きのが買えるそうで、それを狙っています。

        ミズクラゲもアカクラゲもタコクラゲもリアルで素敵で迷っちゃいますね。

        でもたぶんミズクラゲにする。色的に好み。


        << | 2/566PAGES | >>